• ホーム
  • スポーツ
  • 間寛平、震災復興支援駅伝を完走 福島出身・西田敏行が駆けつける

間寛平、震災復興支援駅伝を完走 福島出身・西田敏行が駆けつける

 お笑いタレント・間寛平(66)が中心となって開催した、東日本大震災の復興支援駅伝『RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン2015』が21日、最終日を迎え、福島県いわき市の「スパリゾートハワイアンズ」にゴールした。8月11日に岩手県宮古市をスタートし、岩手、宮城、福島の過去最多29市町村・522キロを寛平のほか35人の芸人がたすきをつないだ。

【写真】その他の写真を見る


 午後12時半すぎ、プールサイドのステージに寛平が走りながら現れ、ゴールのテープを切ると、500人以上の水着姿のお客さんから祝福の拍手が沸き起こった。ステージではフラガールとともに、福島県郡山市出身の俳優・西田敏行、この日ランナーを務めた波多陽区、石田靖、テンダラー、もりやすバンバンビガロ、ぺんぎんナッツが出迎えた。

 寛平は「去年よりも涼しく、今年は走りやすかった。たくさん若手にも助けてもらって、沿道の人とも仮設住宅の方とも楽しく過ごし、笑っていただきました」と振り返り、「4年前と比べて、仮設住宅に住む人の数がだんだん減ってきて、さみしいと思う反面、それだけ復興が進んでいるんやと感じます」としみじみ。「今年は20ヶ所くらい訪問したけど、まだ行ってないところはあるから、来年は倍くらいに増やしたい。残された人に元気出してもらいたい」と早くも来年に向けて意気込んだ。

 さらに、「来年は“先っちょマン”(自身が考案したヒーローキャラクター)の格好をしたり、じいさんの格好で杖持って走ったり、石田靖くんには吉本新喜劇の『石田商店』の主人の扮装をしてもらったりと、出場者が仮装して、今年以上に盛り上げる計画を話し合っています」と構想を明かした。

 西田は「本当に(東北を)元気にしてもらってうれしいです。寛平さんがずっとやってくださっているから気になっていて、一度どこかで応援したいと思っていた。その思いが今回かなってよかった」と寛平に感謝を伝えた。



関連写真

  • 35人の芸人で522キロを走破した間寛平(右)と、ゴールに駆けつけた西田敏行
  • 『RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン2015』最終日の模様
  • (左から)西田敏行、間寛平=『RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン2015』最終日の模様
  • 間寛平=『RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン2015』最終日の模様
  • 間寛平=『RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン2015』最終日の模様
  • 『RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン2015』最終日の模様
  • 『RUN FORWARD KANPEI みちのくマラソン2015』最終日の模様(左から)石田靖、間寛平、西田敏行

オリコントピックス