• ホーム
  • 芸能
  • 山本耕史、堀北真希に40通の手紙“攻撃” 6年間の片思い実る

山本耕史、堀北真希に40通の手紙“攻撃” 6年間の片思い実る

 女優の堀北真希(26)と22日に結婚した俳優の山本耕史(38)が24日、フジテレビ『とくダネ!』にVTR出演。堀北への思いをしたためた約40通の手紙を送るなど、結婚までの道のりを語った。

 フジテレビ『アタシんちの男子』(2009)で初共演した二人。出会った当初の堀北の印象について「すごく芯があって据わっているというか、そいうところで興味を惹かれた」と回顧。「6年前に(連絡先を)聞いて、教えてもらったんですけど、事務所の番号でした」と苦笑いで“片思い”のエピソードも披露した。

 2010年には『わが家の歴史』(2010年)で夫婦役で共演し2度目のチャンス到来。その際の印象を「とってもたくましてくて、自分の思いをまっすぐ伝える女優さん。とっても控えめな部分があって底がみえない」と明かしつつも「終わった日に『みんなで飲みにいきませんか?』」と誘ったようだが「行きません」と、ここでも撃沈したという。

 しかし、5月で共演した舞台『嵐が丘』では、約40通手紙を渡すなど猛アタックを続けた山本。返事は1通もなかったといい、千秋楽にも連絡先を聞いても教えてもらえず「せめて俺のを教えさせてください」とお願い。「終わる」と思ったというが、その夜「真希だよ」とラインがあったと明かした。

 そして、堀北が京都入りするのを聞き「勘で新幹線を取った。思いの詰まった指輪を持って。もし乗っていたら運命というか。そうしたら、乗っていたんですよ」と笑顔で語り「交際じゃなく結婚しましょうと言いました。僕の思いが刺さったみたいで」と結婚までの道のりを赤裸々に語った。



オリコントピックス