• ホーム
  • 芸能
  • 時任三郎&田中圭、父子役で共演 警察小説『所轄魂』ドラマ化

時任三郎&田中圭、父子役で共演 警察小説『所轄魂』ドラマ化

 俳優の時任三郎田中圭が、テレビ朝日系ドラマスペシャル『所轄魂』(9月20日 後9:00)で、所轄刑事の父(時任)とキャリア管理官の息子(田中)の役で共演することがわかった。殺人事件の捜査本部で、ともに犯人を追うことになった父子の苦闘と、捜査の果てに浮かび上がる意外な真実を描く。

【写真】その他の写真を見る


 原作は、ハードボイルドなミステリーから冒険小説、山岳小説まで多彩な作品を世に放っている作家・笹本稜平氏の同名小説(徳間書店)。すでに3作が発表されている人気シリーズの初ドラマ化となる。

 時任が演じるのは、妻の死をきっかけに本庁捜査一課という花形部署から所轄の城東中央署へ自ら志願し異動した主人公・葛木邦彦。田中が演じる息子・葛木俊史は、国家公務員I種試験に合格した警察庁採用のキャリアで、26歳にしてすでに警視となったエリート。大江達樹プロデューサーは「親子逆転の設定の刑事ドラマは史上初ではないでしょうか?」と原作に惚れ込む。

 「葛木親子は、一見、お互いの立場の違いから相容れない親子かと思いきや、実は熱い“魂”を胸に秘めている“似たもの親子”。時任さんと田中圭さんは、“自然体で気負わない、しかし、真っ直ぐな信念を持っている”という、まさに葛木親子そのものだと感じました」とキャスティングにも自信をのぞかせた。

 時任は、ドラマ『真夏の刑事』(同局系で1992年4月12日から同年9月27日まで、全20話放送)以来、地上波ドラマで刑事を演じるのは23年ぶり。「久しぶりですが、説明ぜりふが多い中、人情や親子関係をどう盛り込んでいくかが非常に難しいですね。でもできる限り、人間の心のひだが見えるような芝居をしたいと思っています」と意気込む。

 田中はひたむきな新米管理官を爽やかに演じる。「時任さんとはこれまで共演しても絡んだことがなく、いつも遠目にその存在を眺めていました。今回、その優しげで穏やかな雰囲気を近くで感じることができ、息子役ができることをとてもうれしく思っています」とコメントしている。

 収録は猛暑の中、順調に進行中。所轄刑事役の時任は屋外ロケが多い一方、管理官役の田中は室内の撮影がほとんど。時任は「撮影をあえてこの猛暑にぶつけてきたところに、プロデューサーたちの意気込み、“スタッフ魂”を感じます(笑)。これはもう妥協しないで撮るしかありません!」と意欲を見せた。

 父子と敵対する捜査一課13係係長・山岡宗男役に佐野史郎、所轄の刑事課課長・大原直隆役に笹野高史、葛木を慕う部下・池田真美子役に内山理名らが共演する。



関連写真

  • 時任三郎×田中圭、刑事の父子役で共演。テレビ朝日系ドラマスペシャル『所轄魂』9月20日放送(C)テレビ朝日
  • 人気警察小説を初映像化(C)テレビ朝日
  • 事件究明と共に描かれていく、父子関係の行方も見どころ(C)テレビ朝日
  • 時任三郎×田中圭、刑事の父子役で共演。テレビ朝日系ドラマスペシャル『所轄魂』9月20日放送(C)テレビ朝日
  • 時任三郎×田中圭、刑事の父子役で共演。テレビ朝日系ドラマスペシャル『所轄魂』9月20日放送(C)テレビ朝日

オリコントピックス