• ホーム
  • 芸能
  • 林家こん平、11年ぶり『笑点』復帰 メンバーと共に「ちゃらーん!」

林家こん平、11年ぶり『笑点』復帰 メンバーと共に「ちゃらーん!」

 難病の多発性硬化症を患い、療養中の落語家・林家こん平(72)が23日、日本テレビ系『24時間テレビ38 愛は地球を救う』内で放送された『チャリティー笑点』に生出演。2004年に『笑点』を休養して以来、11年ぶりにメンバーと並んで共演を果たし、体いっぱいに代名詞のあいさつ「ちゃらーん」を披露した。

 こん平は2004年に体調不良のため、同番組を休養。その後、難病の多発性硬化症などを患い、リハビリ生活を送っていた。この日はVTRで娘の笠井咲(えみ)さんと復帰に向けてリハビリに取り組んでいる様子を放送。「要介護度4」だったこん平が昨年8月に「要介護度3」に回復したことを明かし、「今年は2になるかもしれない」と報告した。

 VTR後、弟子の林家たい平(50)に支えられながらこん平がスタジオに姿を表すと、メンバーと観客が大きな拍手で迎え入れる。桂歌丸(79)や三遊亭円楽(65)らメンバーがこん平の近くに寄り添うと、全員で「ちゃらーん!」を披露。こん平のみならず、歌丸や円楽、林家木久扇らも涙を浮かべ、11年ぶりのこん平の復帰を心から喜んだ。

 出演者が感動する中、日本武道館からの中継で徳光和夫が「師匠、もう1度ちゃらーんを聞かせて」とリクエストすると、先程よりも大きな声で「1、2、3、ちゃらーん」を成功させ、会場は大きな拍手で包まれた。

 こん平は04年の『24時間テレビ』の笑点コーナー生放送終了後に倒れ、緊急搬送され、原因不明の難病・多発性硬化症を発症。手足がマヒし、噺家の命でもある声も出せない状態となり、療養のため、同年9月12日放送回から『笑点』を降板。13年9月には糖尿病の悪化で緊急入院し、一時は心肺停止状態に。医師から余命も宣告されたが、リハビリで体調を回復させ、昨年の『24時間テレビ』で10年ぶりにテレビ出演していた。



オリコントピックス