• ホーム
  • 芸能
  • Sexy Zone、W杯バレー“コートパフォーマンス”初挑戦に気合

Sexy Zone、W杯バレー“コートパフォーマンス”初挑戦に気合

 アイドルグループ・Sexy Zoneが21日、東京・国立代々木競技場第一体育館で『FIVBワールドカップバレーボール2015』(あす開幕)の“大会スペシャルナビゲーター”として、取材に応じた。今回、2大会連続でW杯バレーを応援する同グループは、2大会8年ぶりに復活するコートパフォーマンスに初挑戦。中島健人は「Sexy Zoneとして“コートゾーン”に立てるのはすごくうれしい。4年前は立てなかったので、歌と笑顔で応援を届けられたら」と気合い十分に語った。

【写真】その他の写真を見る


 3人はフジテレビ系で日本戦全戦が放送される同大会のオープニングで、1万人の観客を前に歌唱パフォーマンスを披露予定。佐藤勝利も「素直にうれしい。コートで歌えるのは新鮮ですし思い出になります」と喜び、菊池風磨も「4年越しに盛り上げることができて光栄。会場はもちろんテレビの前のみなさんも盛り上げるつもりで、全力でやりたい」と意気込んだ。

 グループやソロでコンサートも開催し、多忙な日々を送る3人だが、中島は「きょうまでSexy Zoneのコンサートをやっていたので、ボルテージとしては最高潮。このままのテンションで応援したら日本は勝つと思います」と強気のコメント。あす女子アルゼンチン戦でいよいよ開幕を迎えるが「最高の応援と最高の笑顔を届けて、選手のみなさんをリオ(五輪)までエスコートしたい」と奮起していた。

 さらに、新たな試みとして副音声『Sexy Live Zone』にもチャレンジ。佐藤は「プロの実況ではないので、家で一緒に観戦しているような雰囲気で実況しているので、楽しみながら聞けるかな」とアピールし、菊池は「逆に副音声のプロ集団になりたい」と燃えていた。



関連写真

  • 全日本女子チームのエース古賀紗理那選手とバボちゃん (C)ORICON NewS inc.
  • 『FIVBワールドカップバレーボール2015』大会開幕前取材に登場したバボちゃん (C)ORICON NewS inc.
  • 『FIVBワールドカップバレーボール2015』大会開幕前取材に登場した木村沙織選手 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス