• ホーム
  • 芸能
  • 『文豪ストレイドッグス』アニメ化 ボンズ制作で異能力バトル描く

『文豪ストレイドッグス』アニメ化 ボンズ制作で異能力バトル描く

 『ヤングエース』(KADOKAWA)で連載中の漫画『文豪ストレイドッグス』(原作:朝霧カフカ、漫画:春河35)がアニメ化されることが21日、わかった。監督は『ソウルイーター』の五十嵐卓哉氏、脚本は『桜蘭高校ホスト部』の榎戸洋司氏で、アニメーション制作はボンズ。

【写真】その他の写真を見る


 中島敦や太宰治、芥川龍之介といった歴史的文豪たちをモチーフとしたキャラクターたちが、ヨコハマを舞台に異能力バトルを繰り広げるという物語。孤児院を追われた青年・中島敦が、自殺志願の男・太宰治を助けたことから異能力集団「武装探偵社」に所属。やがて、マフィアの芥川龍之介らや、北米の異能力集団・ギルドとの対決が激化していく…。

 単行本は累計170万部突破しており、最新8巻は9月4日発売。同日発売の同誌10月号では、特別付録として同作のキャラクターを描いた和風扇子がついてくる。

■アニメ公式サイト
http://bungo-stray-dogs.jp/



関連写真

  • アニメ化を記念して描かれた春河35氏によるイラスト (C)2016 朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会
  • 9月4日に発売される『文豪ストレイドッグス』8巻
  • 小説『文豪ストレイドッグス 太宰治と黒の時代』
  • 小説『文豪ストレイドッグス 太宰治の入社試験』
  • 小説『文豪ストレイドッグス 探偵社設立秘話』
  • 特別付録の扇子
タグ

オリコントピックス