• ホーム
  • 芸能
  • 向井理、“ムコ入り”榮倉奈々と夫婦役 遺産相続題材にテレ朝連ドラ初主演

向井理、“ムコ入り”榮倉奈々と夫婦役 遺産相続題材にテレ朝連ドラ初主演

 俳優の向井理が、10月スタートのテレビ朝日系ドラマ『遺産争族』(毎週木曜 後9:00)で、遺産相続でもめる大家族に“ムコ入り”した研修医役で主演する。同局の連続ドラマは初主演となる。結婚相手となるバツイチ・出戻り令嬢役で女優・榮倉奈々が共演する。

 向井が演じるのは、内科に勤務する研修医・佐藤育生(さとう・いくお)。女手ひとつで自分を育ててくれた母親のために奨学金で公立大学の医学部に入学するような、母親想いの青年。「海外の僻地医療に従事したい」という夢を持ち、日々の研修に励んでいた。そんな彼が病院で出会った河村楓と結婚、彼女の実家・河村家に婿入りすることになる。

 河村家は葬儀社を経営する大家族。ところが、「金の切れ目が縁の切れ目」とばかりに遺産相続問題がぼっ発し、育生も巻き込まれていく。争い合う家族の行く末は? そして遺産は誰の手に…?

 脚本を手がけるのは、『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(フジテレビ)で不倫に走る主婦の姿を描き、『おトメさん』(同局系)では、“嫁を恐れ、嫁にいびられる姑”という現代社会ならではの新しい切り口で視聴者を楽しませた井上由美子氏。今回は“ムコ”と“遺産相続”に着目し、世相と社会風刺を盛り込んだ新たなホームドラマを紡いでいく。

 育生は、舅(しゅうと)や義理の姉たちから嫌味や皮肉のこもった言葉を投げかけられても意に介さず、相続争いに巻き込まれても飄々(ひょうひょう)としているが、自分の意思ははっきりと口にできる男。井上氏は、向井に対し「穏やかだけど誰よりも芯が強い。『闘わざるヒーロー』を魅力的に演じていただきたい」と期待を寄せる。

 向井は「育生は闘わない男ですが、これは現代の青年像でもあると思うので、特徴的な人物なのではなく、普通の人の役ということを意識して演じたいと思います。待望の井上由美子さんの脚本での主演です! 日常と非日常の入り混じる絶妙なバランスの中で、育生としてどう生きていけるか楽しみです。ちなみに僕は武闘派ではありませんが、闘うタイプだと思います」とコメント。

 婿入りしてきた育生をいびる舅で楓の父、自身も婿として河村家に入り、カワムラメモリアル代表取締役社長を務める河村恒三役に岸部一徳。その恒三の舅で、楓の祖父、葬祭屋河村の創業者にして現カワムラメモリアル会長の河村龍太郎役に伊東四朗

 楓の母で河村家の長女・河村陽子役に余貴美子。河村家の次女でカワムラメモリアル常務取締役の矢幡月子役に室井滋。河村家の三女の自称写真家・河村凛子役には板谷由夏。育生の母・佐藤華子役に岸本加世子、恒三の甥で月子の長男・矢幡正春役に鈴木浩介。ほかに、渡辺いっけい堀内敬子真飛聖らが出演する。

 配役を見て「共演経験がある方も多く、また初めての方々も共演させていただきたかった方ばかりなので楽しみ」と向井。「みなさん濃いキャラクターの方々ばかりなので、闘わなくとも共存できるよう演じたい」と意気込んでいる。



関連写真

  • 10月スタートのテレビ朝日系ドラマ『遺産争族』に主演する向井理
  • 向井理と榮倉奈々は『メイちゃんの執事』(2009年、フジテレビ)や映画『娚の一生』(15年)などの作品で共演してきたが、夫婦役は今回が初めて

オリコントピックス