• ホーム
  • スポーツ
  • サンド、狩野ら準Vの仙台育英に感謝「感動と元気をありがとう」

サンド、狩野ら準Vの仙台育英に感謝「感動と元気をありがとう」

 東北出身のお笑いコンビ・サンドウィッチマン狩野英孝がツイッターやブログを更新。夏の甲子園で惜しくも準優勝に終わった、仙台育英(宮城)の球児たちに感謝の言葉をおくった。

 宮城県出身の狩野は「仙台育英お疲れ様! 東北に感動と元気をありがとう!! 素晴らしかった!!」と健闘を称え、富澤たけしは「残念だったけど、よくがんばったぞ仙台育英! おめでとう東海大相模!!」とツイート。

 また、伊達は「夏の甲子園決勝戦、よく頑張った仙台育英学園野球部のみんな☆ 希望と感動をありがとうございました」と伝えると「東北の高校野球は、いつでも優勝を狙えるレベルだって教えてくれました」と感謝。「また、すぐに全国制覇に挑戦して下さい!」と激励し「仙台育英野球部の皆は、おもいっきり胸を張って仙台に戻って下さい」と呼びかけた。

 さらに「あの仙台育英に勝った東海大相模は、やはり強かったですね! 『あっぱれ!』を差し上げましょう おめでとうございます」と東海大相模を称賛。最後は「いやぁ、楽しい甲子園大会でした! 楽天イーグルスに、仙台育英から何人が入団するかなぁー。楽しみ」と期待を寄せた。

 第97回全国高校野球選手権大会の決勝は、東海大相模(神奈川)が仙台育英を10―6で破り、1970年以来45年ぶり2度目の優勝を果たした。



オリコントピックス