• ホーム
  • 芸能
  • ミュージカル『花より男子』道明寺は松下優也 つくしは3000人から決定

ミュージカル『花より男子』道明寺は松下優也 つくしは3000人から決定

 来年1月より上演されるミュージカル『花より男子』のメインキャストが19日、明らかになった。主人公・牧野つくしはプロ・アマ問わないオーディションで決定し、応募者約3000人から舞台を中心に活動をしている現役高校生・加藤梨里香(かとう・りりか)が選ばれた。道明寺司役は、『黒執事』でセバスチャン・ミカエリス役を務めた俳優・松下優也X4)が演じる。

 司と同じ“F4”のメンバーの花沢類役はドラマ『ごめんね青春!』などの白洲迅、茶道家元の子息でプレイボーイの西門総二郎役には、千葉真一の息子でミュージカル初挑戦の真剣佑。そして“マダムキラー”の美作あきら役にはミュージカル『レ・ミゼラブル』の上山竜治が起用され、若手俳優が顔をそろえた。

 『花より男子』は、庶民的な家庭で育った牧野つくしが、超名門校・英徳学園に入学し、大金持ちのイケメン4人組・F4と衝突しながら成長していく姿を描く。1992年から2003年まで神尾葉子氏によって『マーガレット』(集英社)で連載され、累計発行部数6100万部を誇る少女漫画の金字塔。過去に実写映画化、連続ドラマ化もされたが、ミュージカル化は初めて。

 審査員から「つくしのイメージとぴったりだ」と満場一致で同役を射止めた加藤は、「つくしは芯がしっかりしていて、どんな逆境にも耐える、明るく、周囲に影響を与える女の子。その強さと内側から出されるエネルギーを、しっかり演じられたらいいなと思います。精一杯頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 同作の脚本は『ガラスの仮面』(演出・蜷川幸雄)などを手がけた青木豪氏、演出は『宝塚BOYS』の鈴木裕美氏、そして音楽は槇原敬之のプロデュースや、ポルノグラフィティ、いきものがかりなどに楽曲を提供してきた作曲家・本間昭光氏が担当する。

 来年1月5日から24日まで東京・日比谷シアタークリエ、2月には大阪、名古屋ほか各地で公演される予定。

■公式サイト
http://www.hanadan-m.com



関連写真

  • 『花より男子 The Musical』メインキャスト発表! (右上から時計回りに)花沢類役・白洲迅、道明寺司役・松下優也(X4)、西門総二郎役・真剣佑、美作あきら役・上山竜治、(中央)牧野つくし役・加藤梨里香
  • ミュージカル化される『花より男子』原画イラスト (C)神尾葉子・リーフプロダクション/集英社

オリコントピックス