• ホーム
  • 芸能
  • 庄司、娘の名前決めでケンカも 長女は『羽沙(つばさ)』と発表

庄司、娘の名前決めでケンカも 長女は『羽沙(つばさ)』と発表

 今月1日に誕生した、お笑いコンビ・品川庄司庄司智春(39)と元モーニング娘。でタレントの藤本美貴(30)夫妻の第2子長女の名前が『羽沙(つばさ)』ちゃんに決定した。二人が19日、それぞれ自身のブログで発表した。

 「長女の名前」でエントリーした庄司は「庄司羽沙」と紹介。「『虎に翼』と言う諺(ことわざ)があります」と続け「意味は強い力をもつ者にさらに強い力が加わることのたとえ」と説明すると「長男の名前は虎之助 その虎之助の『虎』に『つばさ』。兄妹、仲良く力を合わせて、強くさらに強く生きて欲しいと言う願いを込めました。仲良く最強の兄妹になって欲しい」と願った。

 字画もいろいろ調べたという庄司。「苗字の庄司に合う『つばさ』を検討したところ、羽に沙で『羽沙』が良かったので決定しました」と明かし「読めない? キラキラ? いろんなご意見あるとは思いますが、夫婦2人で真剣に考え、時にはケンカもしながら(笑)決めました」と苦悩も吐露。それでも「きっと娘も私たちの真剣な気持ちをわかってくれる日がくると良いなぁと思ってます」とつづった。

 また、藤本もブログを通じて「今回も本当に悩んだ この名前決めは2人目でも慣れはないですね」としつつもでも「一生懸命考えて最高の名前をプレゼント出来ました。羽沙ちゃん愛してるよ」とブログを結んでいる。

 二人は2009年7月に結婚し、12年3月に第1子男児の虎之助が誕生した。



オリコントピックス