• ホーム
  • 映画
  • 本木雅弘、『おくりびと』以来7年ぶり映画主演 西川美和監督『永い言い訳』

本木雅弘、『おくりびと』以来7年ぶり映画主演 西川美和監督『永い言い訳』

 俳優の本木雅弘が、2008年の『おくりびと』(第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞)以来、7年ぶりに映画に主演する。第153回直木賞(2015年上半期)候補になった映画監督・西川美和氏の『永い言い訳』(文藝春秋)を自らの手で映画化。本木は「女性監督にお世話になるのは初めてですが、少しの毒と、温かみのある西川演出にハマっています」と、現場の順調ぶりをうかがわせた。

 『日本のいちばん長い日』(原田眞人監督、公開中)での昭和天皇役が絶賛され、『天空の蜂』(堤幸彦監督、9月12日公開)ではテロリストと戦う原発設計士を演じることも話題となっている本木。本作では、西川監督の小説と脚本、そして「自分のようだ」という主人公・幸夫のキャラクターに惚れ込んで、出演を快諾した。

 本木は「西川さんは、小説と映画は別物、切り離して考えているとおっしゃっていますが、自分は、この小説の味わいに翻ろうされ、よろこびを得た一人として、読者の期待も裏切らない作品に仕上げたいという思いで努力しています」と意欲をにじませる。

 西川監督は『ゆれる』『ディア・ドクター』など、オリジナル脚本で勝負し続ける稀有な女性映画監督の一人。「映画化を念頭に書いた初めての小説」と明かす本作は、妻を突然のバス事故で失った作家・衣笠幸夫を軸に、失うことがもたらす“はじまりの物語”を描く人間ドラマ。本木について西川監督は「映画を志した頃から『いつかは』という思いを寄せていた人。恐ろしいほどこの物語の主人公に酷似している、このひとしかいない、と思いました。本木さんがこの作品にかけてくれているまっすぐでひたむきな愛と真摯(しんし)さは、日々私たちのこころを支えてくれています」と語っている。

 幸夫と同じように事故で妻を亡くしたトラック運転手の陽一役にミュージシャンの竹原ピストル。突然のバス事故で亡くなる幸夫の妻・夏子役には深津絵里。本木との共演は、ドラマ『最高の片思い』(1995年、フジテレビ)以来21年ぶりとなる。さらに、陽一の子ども・真平と灯役に、オーディションで選ばれた藤田健心と白鳥玉季。陽一の妻・ゆき役に堀内敬子が決定している。春、夏編は既に撮り終えており、12月に冬編を撮影。来年秋公開予定。



オリコントピックス