• ホーム
  • 音楽
  • 「最後の雨」中西保志、16年ぶりシングル

「最後の雨」中西保志、16年ぶりシングル

 「最後の雨」のヒットで知られる歌手の中西保志(54)が、16年ぶりとなるシングル「秋日傘」を10月7日に発売することが明らかになった。

 92年にデビューした中西は、同年8月発売の2ndシングル「最後の雨」(累積売上73.7万枚)でいきなり大ヒット。以降も精力的にライブ活動を継続してきたが、シングルはドラえもん映画『のび太の結婚前夜』の主題歌に起用され、沢田知可子とデュエットした「幸せのドア」(1999年3月発売)以来16年ぶりとなる。

 新曲「秋日傘」は、東日本大震災から4年以上が経過しても「決して埋めることのできない空白を持つ人々の心に寄り添う歌を作りたい」と作詞家・康珍化氏が綴った一つの詞から始まった楽曲。作曲は「最後の雨」の都志見隆氏が手がけた。

 同曲はNHK『ラジオ深夜便』10月〜12月の「深夜便のうた」に決定しており、同番組で10月1日から放送される。



オリコントピックス