• ホーム
  • 音楽
  • 山本彩、初センターは「本当に光栄」 秋元康氏&制作統括Pも太鼓判

山本彩、初センターは「本当に光栄」 秋元康氏&制作統括Pも太鼓判

 アイドルグループ・AKB48が、今秋スタートのNHK連続テレビ小説『あさが来た』(9月28日スタート、月〜土 前8:00 総合ほか)の主題歌を担当することが18日、発表された。タイトルは「365日の紙飛行機」で、NMB48とAKB48兼任の山本彩がAKB楽曲で初めてのセンターを飾る。

【写真】その他の写真を見る


 同日行われた会見には出席しなかったが、作詞を担当した秋元康氏は「ドラマの内容を聞き、女性の生き方への制限が多かった時代に『時代』を言い訳にせず、冒険し続けたヒロインの『屈託のない生き方』に興味を持ち、ふと『紙飛行機』という言葉を思い浮かべた。この物語のヒロインはきっと屈託なく、人生の空を飛んでいったのだと思います」とコメントを寄せた。

 このタイミングでの山本のセンター起用については「ドラマのプロデューサーとの話の中で山本彩の成長ぶりが話題になりました。僕の中でも『山本彩をセンターにする曲をいつ作ろうかな。いつがいいかな』とずっとテーマでした。ドラマの内容と考え合わせて、今回がいい機会だと思った」と語っている。

 もともと同グループのファンだったという制作統括のNHK大阪放送局・佐野元彦プロデューサーも、秋元氏との話し合いで「山本彩さんはいいですよねというお話はした。それが、秋元先生がいろいろと考えているタイミングと合致した」と明かした。

 ドラマの主人公は、時代に先駆けて「銀行」や「生保」を設立し、日本初の女子大学設立にも尽力した明治の女性実業家・広岡浅子氏がモデル。激動の時代を明るく元気に駆け抜けていくヒロインとなる。

 会見に出席した山本は「いずれはセンターになってみたいと思っていた。曲ではAメロもまるっと一人で歌わせていただいていて、選抜でもなかったことなのですごくうれしい。すてきな機会でセンターやらせていただいて本当に光栄」と大喜び。「『あさが来た』は大阪局での制作。私は出身が大阪なので、作品が関西でも愛されるようにしたい」と抱負を語った。



関連写真

  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌でセンターを務める山本彩 (C)ORICON NewS inc.
  • AKB48(左から)柏木由紀、高橋みなみ、山本彩、 渡辺麻友、横山由依 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌を担当することがきまったAKB48 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌を担当することがきまったAKB48(左から)渡辺麻友、横山由依 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌を担当することがきまったAKB48(左から)柏木由紀、高橋みなみ (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌を担当することがきまったAKB48(左から)柏木由紀、高橋みなみ、山本彩、 渡辺麻友、横山由依 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌を担当することがきまったAKB48(左から)柏木由紀、高橋みなみ、山本彩、 渡辺麻友、横山由依 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌を担当することがきまったAKB48(左から)柏木由紀、高橋みなみ、山本彩、 渡辺麻友、横山由依 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス