映画『HERO』公開31日間で動員300万人突破

 先月18日に劇場公開された映画『HERO』が17日、公開31日間で観客動員300万人を突破したことがわかった。興行収入は38億9924万2800円に達した(興行通信社調べ)

 同作は全国443スクリーンで公開初日を迎え、週末土日2日間の観客動員数が54万963人と本年度実写No.1のスタートを記録し、公開5日間で観客動員100万人を突破した。その後も、主演の木村拓哉と“初代相棒”松たか子による舞台あいさつなど、数々の話題を振りまき続けてきた。

 直近の週末(8月15日、16日)の成績も興収が前週比で102.8%と伸ばしており、今後の勢いが注目される。



オリコントピックス