• ホーム
  • 芸能
  • HKT48多田愛佳、妹分NGTにライバル心「武器を持たないと負けちゃう」

HKT48多田愛佳、妹分NGTにライバル心「武器を持たないと負けちゃう」

 人気アイドルグループ・HKT48多田愛佳(20)が18日、都内で行われた同グループ初のオフィシャルヒストリーブック『HKT48成長期 腐ったら、負け』(角川春樹事務所)発売記念握手会前の囲み取材に兒玉遥(18)、穴井千尋(19)とともに出席した。HKTにとって初めての妹分グループのNGT48が間もなくお披露目を迎えるが、HKTの指原莉乃とNGTキャプテンの北原里英が同期、多田と柏木由紀(AKB兼NGT)も同期とあり「似ている部分がある。HKTも何か武器を持たないと負けちゃうなと焦ってます」とライバル意識を燃やした。

【写真】その他の写真を見る


 その武器について、多田は「探してます。いまのところはライブが楽しいとファンの人にも言ってもらえているので、そこで勝てたら」と意気込み、穴井は「ライブとかで一緒になる機会もあると思うので、妹分には負けない気持ちでやりたい」と気を引き締めた。先輩としての助言を求められた兒玉は「アドバイスなんてまだできない」と恐縮。「(NGTは)年上の方が多いみたいで、HKTの方がまだ子どもなんじゃ…」とNGTの年齢を意識しつつも「すごく楽しみです」と期待を寄せた。

 同書は結成から5年目を迎えたHKTメンバーの成長の軌跡を追う一冊。2012年にAKBから移籍した多田だが、当初は「腐りかけてました。ブルーチーズみたいだった」とキッパリ。「まじですか!?」と後輩たちが驚くと、「HKTのメンバーによって心が磨かれた。お寺みたいなものです。無邪気さがあったので、黒い部分を知らないところがよかった。だからHKTはいろんな方面から好かれていくのでは」と分析していた。



関連写真

  • NGT48にライバル意識を燃やしたHKT48・多田愛佳 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)多田愛佳、兒玉遥、穴井千尋 (C)ORICON NewS inc.
  • オフィシャルヒストリーブック『HKT48成長期 腐ったら、負け』の発売記念握手会前の囲み取材に応じたHKT48(左から)多田愛佳、兒玉遥、穴井千尋 (C)ORICON NewS inc.
  • オフィシャルヒストリーブック『HKT48成長期 腐ったら、負け』の発売記念握手会前の囲み取材に応じた穴井千尋 (C)ORICON NewS inc.
  • オフィシャルヒストリーブック『HKT48成長期 腐ったら、負け』の発売記念握手会前の囲み取材に応じた多田愛佳 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス