• ホーム
  • デジタル
  • 漫画や小説ともメディアミックスした次世代スマホゲームとは?

漫画や小説ともメディアミックスした次世代スマホゲームとは?

 スマホ向け本格リズムアクションゲーム『アイドリッシュセブン』の先行体験会が17日に開催された。同作品はゲームだけでなく、漫画や小説などの各種メディアで展開する“大規模メディアミックス・プロジェクト”として、配信前から話題を集めている。

【写真】その他の写真を見る


 『アイドリッシュセブン』は、アイドルの頂点を目指す個性溢れる7人のキャラクターを育成する本格リズムアクションゲーム。無料アプリにも関わらず、豪華声優陣のフルボイスとなっており、アニメ18本から20本分のセリフが詰め込まれているという。さらに、キャラクター原画は『神風怪盗ジャンヌ』などで知られる少女漫画家・種村有菜さんが担当している。

 先行体験会に登場した種村さんは「最初に(話を)聞いたときは本当かなって気持ちでいっぱいでしたが、何とかここまでやってこられました」と振り返る。また「(四葉)環くんは設定が違ってもっと背の低い子でした。大人っぽく描いてラフ(画)を見せたときに、ゲームプロデューサーさんが気に入ってくださって、設定の方を変えるので絵はこちらで進めてくださいとおっしゃってくださった。そんなことあるのかとビックリした」と制作秘話を明かした。

 実際にゲームを体験してみると、キャラクターのビジュアルはもちろんのこと、性格や設定も細かく考慮されている。シナリオにはしっかりと伏線が張られており、最初から最後まで楽しむことができる。また、リズムゲームとしても一番簡単なモードでもやりごたえ十分。楽曲はシナリオと連携しており、製作者のこだわりが感じられた。リズムゲームのレベルは最大で8段階あるため、男性でも楽しむことができそうだ。

 スマホ向け本格リズムアクションゲーム『アイドリッシュセブン』は今夏より配信開始予定。また、『アイドリッシュセブン』の小説版と、漫画版・第2話は8月21日(金)より展開予定。



関連写真

  • 『アイドリッシュセブン』先行体験会に出席した(左から)ゲームプロデューサー 根岸綾香氏、少女漫画家 種村有菜先生、IP統括プロデューサー 下岡聡吉氏
  • デビュー記念に種村有菜先生が描いたキャラクターイラスト(C)アイドリッシュセブン CD:Arina Tanemura
  • 『アイドリッシュセブン』に登場するメインキャラクターの(左から)六弥ナギ、七瀬陸、二階堂大和
  • 『アイドリッシュセブン』に登場するメインキャラクターの(左から)四葉環、六弥ナギ、和泉三月
  • 『アイドリッシュセブン』に登場するメインキャラクターの(左から)逢坂壮五、四葉環、和泉一織
  • 『アイドリッシュセブン』本格リズムアクションゲーム
  • 『アイドリッシュセブン』本格リズムアクションゲーム

オリコントピックス