• ホーム
  • 映画
  • LiLiCo、珍ヒロインに自虐 台本には「男みたいな女…」

LiLiCo、珍ヒロインに自虐 台本には「男みたいな女…」

 映画コメンテーターのLiLiCoが17日、都内で行われた劇場版『猫侍 南の島へ行く』の完成披露イベントに出席。同作でヒロインの女海賊を演じたLiLiCoは、観客の前に劇中衣装で登場すると、開口一番「こんなヒロインいるかな?」と自虐めいて笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 続けて「台本を読んだ一行目に『男みたいな女が座ってる』と書いてあった」と告白すると、会場は大盛り上がり。理想のヒロイン像とは程遠い様子だが「私にしかできないと思って、髪をバッサリ切りました」と“女優魂”をのぞかせた。

 今回のイベントでも「女優としてドレスを着たいと4回クレームした」と不満げに明かしたかと思うと、一転して「(主演の)北村一輝さんが大好きで、その下心のみで(オファーを)OKしました」とメロメロ。劇中では北村との“壁ドン”シーンもあり、「心の中で『やったぜ! 北村一輝さんと壁ドンできる』って思いました」とガッツポーズした。

 2013年にドラマが放送され、今作で劇場版第2弾となる同人気シリーズは、コワモテの剣豪・斑目久太郎(北村)と白猫・玉之丞の自由奔放な旅を描く。主演を務めた北村は「単純明快、何も考えずに笑える作品です」とアピールした。

 舞台あいさつにはそのほか、副島淳、望月ムサシ、蟹江アサド、ヌワエメグレース、渡辺武監督が出席した。



関連写真

  • 「こんなヒロインいるかな?」と自虐で笑わせたLiLiCo (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)蟹江アサド、望月ムサシ、副島淳、北村一輝、LiLiCo、ヌワエメグレース、渡辺武監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場版『猫侍 南の島へ行く』の完成披露イベントに出席した(左から)蟹江アサド、望月ムサシ、副島淳 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場版『猫侍 南の島へ行く』の完成披露イベントに出席した渡辺武監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場版『猫侍 南の島へ行く』の完成披露イベントに出席した(左から)北村一輝、LiLiCo (C)ORICON NewS inc.
  • 劇場版『猫侍 南の島へ行く』の完成披露イベントに出席した北村一輝 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス