• ホーム
  • 芸能
  • 哀川翔、15年ぶりバク宙予告「体はなんとなく覚えている」

哀川翔、15年ぶりバク宙予告「体はなんとなく覚えている」

 俳優の哀川翔が17日、都内で行われたミュージカル『HEADS UP!(ヘッズ・アップ)』製作発表会に出席した。芸能生活30年にして初ミュージカルで主演する哀川は、一世風靡セピアで活躍したいたこともあり、「できれば全公演でバク宙をしたい」と堂々と予告。「15年くらいやっていないけれど、30分くらい(練習時間が)あればできる。体はなんとなく覚えている」と意気込んだ。

【写真】その他の写真を見る


 哀川がバク宙について言及すると、原案・演出などを手がけるラサール石井は、「バク宙は千秋楽だけにしといたほうがいい。万が一のことがあると…」と心配。しかし、「舞台はド素人だけど、昔は歌って踊っていた。バク宙もやったほうがいいかも」とどこ吹く風だった。

 さらに同作の振り付けを担当するのは、一世風靡セピアのデビュー曲などのダンスを指導した川崎悦子氏とあり、哀川は「自然にやれって言うのかも。20年以上会っていないから再会が楽しみ」と笑顔で語った。

 同舞台は、大道具、音響、演出助手など舞台スタッフに焦点を当てた作品で、哀川はベテランの舞台監督として初ミュージカルに挑戦。オファーは石井から、哀川の事務所の社長でもある妻にあり、妻は二つ返事で哀川の出演を快諾。しかし、しばらく哀川本人にミュージカルの話は伝わっていなかったという。

 哀川は「話を聞いたときは全て決まっていた。もう舞台は二度とないと思っていたので、すぐに石井さんに『困る、自殺する』と訴えた」と苦笑。また、哀川の長女で歌手・MINAMIも出演が決定し、父娘共演が実現したが「それもポスター撮影の時に知った。なんで楽屋にいるの?って…」と振り返った。

 会見にはそのほか、相葉裕樹橋本じゅん入野自由大空祐飛中川晃教芋洗坂係長、MINAMIも出席した。同作は11月13日から23日までKAAT神奈川芸術劇場ホールで上演され、その後兵庫、札幌、岡山も回る。



関連写真

  • ミュージカルで「全公演でバク宙をしたい」と予告した哀川翔 (C)ORICON NewS inc.
  • 哀川のバク宙にどこ吹く風だったラサール石井 (C)ORICON NewS inc.
  • (後列左から)青木さやか(パネル)、芋洗坂係長、入野自由、相葉裕樹、MINAMI、(前列左から)中川晃教、大空祐飛、ラサール石井、哀川翔、橋本じゅん (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『HEADS UP!(ヘッズ・アップ)』製作発表会に出席した(左から)ラサール石井、哀川翔
  • ミュージカル『HEADS UP!(ヘッズ・アップ)』製作発表会に出席した(後列左から)芋洗坂係長、入野自由、相葉裕樹、MINAMI、(前列左から)中川晃教、大空祐飛、ラサール石井、哀川翔、橋本じゅん (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『HEADS UP!(ヘッズ・アップ)』製作発表会に出席した(左から)ラサール石井、哀川翔、橋本じゅん (C)ORICON NewS inc.
  • ミュージカル『HEADS UP!(ヘッズ・アップ)』製作発表会に出席した(左から)ラサール石井、哀川翔

オリコントピックス