• ホーム
  • 芸能
  • 石田ニコル、ランジェリー姿を披露 ドラマのテーマを体現

石田ニコル、ランジェリー姿を披露 ドラマのテーマを体現

 世界最大の有料動画配信ネットワーク・Netflixとフジテレビが共同制作する連続ドラマ『アンダーウェア』に出演する石田ニコルが、高級ランジェリーメーカーを舞台にした同作のメッセージを表した撮り下ろしのランジェリー姿を披露した。

 世界50ヶ国で会員数約6500万人を超えるNetflixは、マーベル・コミック原作のヒーロードラマ『デアデビル』や、『マトリックス』シリーズを手がけたウォシャウスキー姉弟監督によるSFドラマ『センス8』など、数々のオリジナルドラマを制作・配信している。

 そんな作品と肩を並べて、世界配信が決まっている『アンダーウェア』は、東京・銀座の高級下着メーカーに就職した田舎娘で繊維オタクの主人公が、これまで自分が接したことがない価値観に戸惑い悩みながらも、周りに助けられ成長していき、ジャパニーズドリームを実現していく物語。女優の桐谷美玲が主人公・時田繭子(ときた・まゆこ)役で主演する。

 タイトルの「アンダーウェア」は“下着”そのものの意味と、同時に“女たちの内側に秘めた本音と想い”という同作の重要なテーマを表しており、登場するランジェリーの数々には女性たちへの大切なメッセージが込められている。そんなテーマを、同性たちもうらやむ抜群のプロポーション石田が、自ら選んだ黒いランジェリー姿を身にまとってセクシーに体現した。

 石田同作が演じるのは、最初はなかなか芽が出ないが、ある有名オーディションに合格し、トップへと上り詰めるモデル・町田沙里衣役。売れない頃から繭子と友情を育み続け、ピンチに陥った彼女を助けるため、繭子がプロデュースしたランジェリーファッションショーに出演するという、本作のクライマックスシーンで重要な役割を演じる。

 ドラマ『ファーストクラス』以来となる女優挑戦に、石田は「もともとランジェリーは身近で、愛着もあって、大好きなものだったので、出演のお話しを頂いたときは素直にうれしかったです」と大喜び。頑張り屋で野心家の沙里衣について「共感する部分が多い」と言い、「男の子っぽくて、サバサバしていて、友情を大切にしていて、そんなところも似てるかな」とコメントした。

 『アンダーウェア』は9月2日よりNetflixにて独占配信される。



関連写真

  • ドラマ『アンダーウェア』出演の石田ニコルがランジェリー姿を披露
  • 石田ニコルが選んだセクシーなランジェリーで作品のメッセージを体現

オリコントピックス