• ホーム
  • 芸能
  • 上西小百合議員、追及かわす フォト自叙伝は「写真集じゃない」

上西小百合議員、追及かわす フォト自叙伝は「写真集じゃない」

 “浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員が、14日放送のフジテレビ系トークバラエティー『ダウンタウンなう 2時間スペシャル』(後7:00)に出演し、話題を集めているフォト自叙伝『小百合』に言及した。

 上西議員は今年3月、体調不良を理由に衆院本会議を欠席したが、その翌日に男性秘書と旅行していたと一部で報じられ、4月には維新の党から除籍(除名)処分を受けた。現在は無所属で活動している。

 番組には、公設秘書の家城大心氏も登場し、上西議員は一連の報道について「事実に基づいて批判されているなら納得できるけれど、不倫もしていないし旅行も行っていない」と改めて否定。

 フォト自叙伝については「写真集って言われているけれど、写真集じゃない。私がなんで政治家になりたかったとか書いています」と強調し、「政治家が文字だけの本を出しても誰も読まない。政治家は自分がやっていることを発信するのが仕事」と“弁明”。

 司会のダウンタウン・松本人志から「でも写真50枚も入っているんですよね」と追及されるも「写真集じゃないんですよ」と最後まで譲らなかった。

 ゲスト出演した西川史子は「雑な生き方をしているっていうか、ボーっとしている」と上西議員の人柄を分析。松本もあきれ気味に「あれですかね、ヨゴレなんですかね」と苦笑していた。



オリコントピックス