• ホーム
  • 芸能
  • 北乃きい、篠原涼子と初共演「まさに集大成」 SPドラマ『アンフェア』W主人公そろい踏み

北乃きい、篠原涼子と初共演「まさに集大成」 SPドラマ『アンフェア』W主人公そろい踏み

 女優の北乃きいが主演する関西テレビ・フジテレビ系スペシャルドラマ第3弾『アンフェア the special ダブル・ミーニング〜連鎖』が、9月15日(後9:00〜11:18)に放送されることが決まった。篠原涼子主演の連続ドラマ(2006年)に始まる『アンフェア』シリーズのスピンオフとして、11年9月、13年3月に続く2年半ぶりの新作。3作目にして初の北乃と篠原の共演が実現し、北乃は「まさに集大成という内容に仕上がっています」と胸を張った。

 シリーズ完結編となる劇場版第3弾『アンフェア the end』が9月5日に公開された10日後、というタイミングで放送される同ドラマでは、20年前に望月自身が経験した誘拐事件の真実が明らかになっていく。

 雪平は、『ダブル・ミーニング』第1弾にも登場しているが、同じ画面で顔を合わせるシーンはなかった。今回、事件が新たな局面を迎えていく中盤、望月が犯人と対峙した時にどうするべきなのか悩み始めたところに雪平が現れ、ヒントを与える。撮影前の北乃は「篠原さんとお会いするのは今回が初めてなので、楽しみというより、とにかく緊張の一言です」と光栄に震えていた。

 今作では熱血で破天荒な新人刑事だった望月の成長も見どころ。雪平の後任として警視庁特殊犯係に配属されてから4年が経ち、「今までよりも人間味が増して、視野が広がったかなと思います。前回まで笑うシーンがほとんどありませんでしたが、今までの望月からは考えられない表情を見せたり、髪も伸びて、少し女性らしくなったかな?」とアピールした。

 20年前の誘拐事件で望月を救い、かつて望月の上司だったが、望月をかばって所轄にとばされた刑事の山路哲夫役は俳優・寺島進が続投。望月が新たにバディを組む若手刑事・刈谷将役で、劇団EXILEの青柳翔が仲間入りする。山路のアドバイスの元、望月が自ら封印していた20年前の真実と向き合い、刈谷と共に事件の真相を究明していく。

 捜査一課理事官・小久保祐二役の阿部サダヲ、鑑識課検視官・三上薫役の加藤雅也らレギュラー陣に、中村俊介木南晴夏吉田鋼太郎吉田羊ら新キャストを加え、『アンフェア』シリーズの有終を飾る。



関連写真

  • 北乃きい(右)と篠原涼子(左)、『アンフェア』シリーズのW主人公が初共演(C)関西テレビ
  • 北乃きい主演のスピンオフドラマシリーズ『アンフェア  the special ダブル・ミーニング〜連鎖』9月15日放送(C)関西テレビ

オリコントピックス