• ホーム
  • 映画
  • アン・ハサウェイ、オーディションで役勝ち取る 『マイ・インターン』予告公開

アン・ハサウェイ、オーディションで役勝ち取る 『マイ・インターン』予告公開

 映画『レ・ミゼラブル』でアカデミー賞助演女優賞を獲得した米女優、アン・ハサウェイの最新作『マイ・インターン』(10月10日公開)。自らオーディションを受けて役を勝ち取ったほど思い入れがある同作の予告編が14日、公開された。

 舞台はニューヨークの華やかなファッション業界。ハサウェイが、恋に仕事に奮闘し、ファッション業界でキャリアアップしていく姿を等身大で演じた『プラダを着た悪魔』の主人公のその後のような、すべてを手に入れた彼女の新たな出会いと試練を描いている。

 ファッションサイトの社長として忙しい日々を送るジュールズ(ハサウェイ)の元に人生経験豊富な40歳年上のベン(ロバート・デ・ニーロ)が“シニア”インターンとしてやってくる。つい迷惑者扱いしてしまうジュールズだが、家庭と仕事の危機に面したとき、ベンからの“最高の助言”に励まされ、二人は次第に心を通わせていく。

 ハサウェイは「オーディションを受けるのは怖かったけど、ジュールズ役をどうしても演じたかった。ジュールズはいつも肩に力が入っていて、重大な責任を一身に背負いストレスが溜まっているの。でもそれは(社長という立場ではなくても)女性なら誰でも経験する普遍的な気持ちだと思う。だからとてもやりがいのある役だと思ったのよ」と、役に惹かれた理由を明かしている。

 今回公開された予告編では、仕事も家庭も人生最大の試練が訪れるジュールズだが、ベンに出会い彼の優しい人柄や献身的な仕事ぶりに触れることで、彼女の心が次第に癒されていき人生に変化が訪れる様子を描いている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス