• ホーム
  • 映画
  • 吉永小百合、嵐・二宮に“母心”「うちの息子大丈夫かしら」

吉永小百合、嵐・二宮に“母心”「うちの息子大丈夫かしら」

 女優の吉永小百合と人気グループ・二宮和也が12日、都内で行われた映画『母と暮せば』(12月12日公開)クランクアップ記者会見に出席した。劇中で親子役を演じた二人だが、撮影ではお互いを「和也さん」「小百合さん」と呼び合うほど仲良しだったようで吉永は「テレビで(二宮の)とても危険なシーンを見るとドキドキしちゃって『うちの息子、大丈夫かしら』と思ったりしてます」と“母”の心境を語った。

【写真】その他の写真を見る


 吉永の“和也さん”呼びに二宮は「ドキドキしちゃいます。身内にも一回も呼ばれたことがないので僕の初めての人になりました」と満足げ。自身が“かずや”と間違えられることから「初めての現場では“かずや”でもいいと半ば諦めているんですが、吉永さんは第三者がいるとき必ず“かずなり”さんと呼んで『この人は“かずなり”ですよ』と宣伝してくれる。諦めていた自分をぶん殴ってやりたい。本当に母親のような接し方をしていただいてありがたかった」と感謝した。

 舞台は1948年8月9日の長崎、助産婦の伸子(吉永)の前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二(二宮)の亡霊が現れる。ときどき、伸子の前に姿を見せる浩二と奇妙で楽しい時間を過ごす伸子だったが…というあらすじ。劇作家・井上ひさしさんの代表作『父と暮せば』の対となる作品を制作したいという思いを引き継いだ山田洋次監督による初のファンタジー作品となる。

 今回「山田組」初参加となる二宮は「監督に紙とペンを渡されて『自分の名前をかいてごらん』と言われるような感覚。32年のいろんな経験が邪魔をして混乱した。これではダメだと思い書き殴るように初日に立たせてもらった」と回顧。山田組は5回目と常連の吉永だが「監督の情熱に応えられず落ち込んだりもしましたが、息子が軽やかな演技をしてくださるのでそれに助けられた」と感銘を受けていた。

 会見には浩二の恋人・町子役の黒木華、町子の新たな恋人・黒田役の浅野忠信も登壇した。



関連写真

  • 嵐の二宮和也に“母心”を見せた吉永小百合 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)黒木華、山田洋次監督、吉永小百合、浅野忠信 (C)ORICON NewS inc.
  • キャストと監督の直筆メッセージ入りの折り鶴 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『母と暮せば』クランクアップ記者会見に出席した山田洋次監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『母と暮せば』クランクアップ記者会見に出席した黒木華 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『母と暮せば』クランクアップ記者会見に出席した浅野忠信 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス