• ホーム
  • 音楽
  • イケメンYouTuber“うみくん”、UMI☆KUUN名義でメジャーデビュー

イケメンYouTuber“うみくん”、UMI☆KUUN名義でメジャーデビュー

 YouTuberで歌手の“うみくん”が、UMI☆KUUN(うみくぅん)名義でビーイングからメジャーデビューすることが明らかになった。デビュー曲「I am Just Feeling Alive」(10月28日発売)は、10月1日スタートのアニメ『ヤング ブラック・ジャック』(毎週木曜 深2:16 TBSほか)のオープニングテーマに起用されることも決まった。

 7月にフランス・パリで行われた『JAPAN EXPO』でオフィシャルレポーターを務めたほか、今月28〜30日にタイ・バンコクで行われる日本のファッション、ゲーム、アニメなどを紹介する『Tokyo Crazy Kawaii』の広報宣伝部長に就任するなど、グローバルに活動。その活躍ぶりを追っていたレーベル担当者がSNSを通じて本人と直接連絡を取り、お互いの夢や野望を語り合う中で意気投合し、メジャーデビューが決まった。

 自身のメールマガジンでうみくんは、「YouTubeやニコニコ動画への動画投稿を始めて1年ちょっと…いつも動画を観てくださっている方々にさまざまなミラクル体験をさせていただき、本当に本当に感謝しています。初めての海外での活動でも、国境の壁を越えてたくさんの人が温かく歓迎してくださって幸せでした。それらの経験を通じ、僕の心の中に“音楽”ということにもっと真摯に向き合いたいという強い決意のようなものが生まれました」とデビューを決意した経緯を説明。

 アーティスト名の表記については「大切な相手への感謝のキモチはずっと僕の原点にしたいという想いから、貴方(U=YOU)という意味のUを一つ追加して『UMI☆KUUN』という名義に決めました。他にもいろいろ意味合いはありますが、それはまた今後話していきます」としている。

 うみくんは、大ヒット映画『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」、クマムシの「あったかいんだからぁ♪」のカバーやアニメのなりきりコスプレなどをニコニコ動画やYouTubeに投稿するYouTuber。一方で、東京音楽大学声楽科を卒業し、教員免許を持つ本格派アーティストの一面もあり、今年2月にはオリジナル曲「ありがとう またね」で配信デビューもしている。




オリコントピックス