• ホーム
  • 音楽
  • 丸本莉子、癒しの歌声は“ビオラ”の音色似 日本音響研究所が分析

丸本莉子、癒しの歌声は“ビオラ”の音色似 日本音響研究所が分析

 シンガー・ソングライター丸本莉子の2nd配信シングル「やさしいうた」(19日発売)のミュージックビデオ(MV)が11日、公開された。

 ミディアムテンポの同曲は、もともと家族をテーマに書かれたものだったというが、発売にあたって歌詞に手を加え、広い人間関係に通じるような歌に仕上がった。

 ビクターによれば、癒しの声を持つ丸本の音声分析を日本音響研究所に依頼したところ、弦楽器のビオラの音色に似た声質であることが判明。「約2000〜5000Hzの周波数帯に周波数成分が帯状に強く分布している」といい、さまざまな楽器の音が存在する中でも聞き取りやすく、「音の厚みや温かみを感じさせる声質」とお墨付きをもらった。

■丸本莉子「やさしいうた」(Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=5dR7vMVDwIU




関連写真

  • 丸本莉子
  • 丸本莉子2nd配信シングル「やさしいうた」

オリコントピックス