• ホーム
  • 芸能
  • 「写真甲子園2015」、沖縄を感じさせる北海道写真で沖縄県立浦添工業高校が優勝

「写真甲子園2015」、沖縄を感じさせる北海道写真で沖縄県立浦添工業高校が優勝

 高校生が三人一組のチームを組み、共同制作による作品(組写真)で競い合うフォトコンテスト第22回全国高等学校写真選手権大会「写真甲子園2015」の表彰式・閉会式が7日、北海道・東川町で行われた。全国514校の中から、九州・沖縄ブロック代表の沖縄県立浦添工業高等学校が3年ぶり2回目の優勝に輝いた。

【写真】その他の写真を見る


 本大会は8月4日〜7日の4日間で行われ、全国11ブロックから集結した代表18校が北海道の大雪山国立公園一帯を舞台に撮影を行い、日替わりのテーマに沿って撮影した8枚の組写真で競い合った。

 今年は連日の高温や雨天など厳しい条件の中で行われたが、選手たちは撮影地をくまなく歩き回り、地域住民とのふれあいを楽しみながら撮影。作品には大地の広大さや草花の美しさ、北海道に住む人々の温かさを切り取ったものが多くみられた。

 3年ぶり2回目の優勝となった沖縄県立浦添工業高等学校は、撮影中に出会った人々や自然風景をカラーで表現。写真からは被写体の人柄や息づかいを感じられ、審査員から「どこか沖縄を感じさせる」という講評を受けるなど、その高い技術と独特の世界観が評価された。

 優勝した沖縄県立浦添工業高等学校のキャプテンを務める宮平愛美さんは「自分たちの力で優勝を勝ち取れてうれしい」と笑顔を見せ「地元の人や選手同士など、たくさんの人とふれあえて楽しかった。撮影中、行く先々でトマトやお菓子などをいただいたのも良い思い出」と大会を振り返った。また、チームメンバーの普天間皐月さんは「3日間大変だったが、優勝したことで今まで応援してくれた人たちにお返しができてよかった」と受賞を喜んだ。

 審査委員長を務めた写真家の立木義浩氏は「みなさんはこの大会でお金では買えない宝物を手にいれたと思う。ここで出会った友人やお世話になった人との絆を大切にしてほしい」と選手たちにエールを送った。



関連写真

  • 「写真甲子園2015」で優勝した沖縄県立浦添工業高校
  • 「写真甲子園2015」表彰式で優勝旗を受け取る沖縄県立浦添工業高校
  • 優勝した沖縄県立浦添工業高校の作品
  • 優勝した沖縄県立浦添工業高校の作品
  • 第22回全国高等学校写真選手権大会「写真甲子園2015」

オリコントピックス