• ホーム
  • 芸能
  • チャオベラ秋山ゆりか、グループ改名直後に卒業「違う可能性を考え始めた」

チャオベラ秋山ゆりか、グループ改名直後に卒業「違う可能性を考え始めた」

 7月8日に改名したアイドルグループ・チャオ ベッラ チンクエッティ(旧・THE ポッシボー)の秋山ゆりか(22)が、きょう10日をもってグループを卒業することが明らかになった。グループの公式サイトで発表された。

 所属事務所は「スタッフ、メンバーとともに何度も何度も話し合ってまいりましたが、『今後の活動において、中途半端な気持ちで向かいたくない。4人のメンバー、ファンの皆さん、スタッフに迷惑をかけたくない。今、一番大事な時だからこそ、今、卒業させてください』と彼女なりに真剣に考えだした結論を尊重した」と説明した。

 秋山のコメントも掲載され、「私の中でこの9年間の芸能活動にちょっとずつ、違和感を感じていたのは去年の中野サンプラザが終わってからでした。自分のこれからの人生を考えていくと、違う可能性を考え始めている自分がいました」と胸中を吐露。「環境が変わり、どんどん活動のスピードが上がって行く中で、他の4人のメンバーとの温度差が少しずつ広がっていくのを感じていました」とし、半年間悩み続けた末、決心したという。

 前身の「THE ポッシボー」が2006年8月に結成された当初からのメンバーの秋山は、9年間の活動を振り返り、「ぶっちゃけて言えば活動の中の8割はつらくて、楽しかったのは2割。。つらかったことが大半を締めているけどその2割の楽しいが【特別】だったから、そのためにがんばってこれました」と告白。

 つんく♂をはじめとするスタッフ、青春時代を共に過ごしてきたメンバー、ファンに向け、「これから新しい道に向かう決心がつきました。残る4人に負けないよう、私も次の目標に突き進んでいきたいと思います」と宣言。「これまで応援してくださったファンのみなさん、本当に本当にありがとうございました」と感謝を伝えた。

 グループは前身の「THE ポッシボー」から通じて10年目に突入。今年7月8日から、イタリア語で「イケてるお嬢さん5人組」を意味する「チャオ ベッラ チンクエッティ」に改名したばかり。改名後第1弾シングル「表参道/二子玉川/Never Never Give Up」(7月発売)は自己最高位の3位を記録していた。

 早くも4人組となった形だが、所属事務所は「まだまだ平坦な道ではないとは思いますが、彼女たちが進み続ける限り、スタッフ一丸となって全力で支援し共に進んでいく所存です」としている。



オリコントピックス