• ホーム
  • 芸能
  • 木村沙織選手『サザエさん』に本人役で出演 カツオと握手に感動

木村沙織選手『サザエさん』に本人役で出演 カツオと握手に感動

 バレーボール全日本女子の主将の木村沙織選手と眞鍋政義監督が、23日放送のフジテレビ系アニメ『サザエさん』(毎週日曜 後6:30)に本人役で声優として出演することが、明らかになった。初めてアニメに出演した木村選手は「(作品中で)カツオ君と握手できてうれしかったです!」と、貴重な体験を喜んだ。

 2人が出演するのは、「目指せバレーの星」という1本で、カツオが友人と参加する町内こどもバレー大会に眞鍋監督と木村選手がゲストとして訪れる設定。眞鍋監督、木村選手ともにカツオ、サザエとセリフのやりとりがあるなど、日本を代表する選手と国民的アニメの豪華コラボレーションが実現する。

 眞鍋監督はアフレコ初挑戦に「難しいですね」と感想を語るも、「本当に小さい時からね、ずっとこの『サザエさん』を見てましたから、本当に今日はうれしいです。いい経験ができました!」と満足げ。

 木村選手も「緊張もしましたし、私はあんまり自分の声が好きじゃないので、ガサガサな声がすごく恥ずかしかったです」と振り返るが、普段は聞き慣れない眞鍋監督のよそいきの声や、セリフをかむ場面に思わず噴き出すなど、収録は終始明るい雰囲気で行われたという。

 22日からスタートするリオ五輪出場権をかけた『FIVBワールドカップバレーボール2015』の直前ということもあり、木村選手は「ぜひワールドカップを応援してくださいね」というセリフも。フジテレビの野崎理プロデューサーは「サザエさん役の加藤みどりさんも“眞鍋監督の声が素敵です!”と大絶賛。また、木村選手に対しても“リズム感が良い!”とお二人のアフレコに感激の様子でした。サザエさん×バレーボールの特別コラボ、ぜひお楽しみに!」と呼びかけた。



関連写真

  • 眞鍋政義監督&木村沙織選手がアニメの世界に登場 8月23日放送『サザエさん』で (C)長谷川町子美術館
  • 人生初アフレコを行った(左から)眞鍋政義監督、木村沙織選手 (C)長谷川町子美術館・フジテレビ

オリコントピックス