• ホーム
  • 映画
  • 映画『スヌーピー』吹き替えキャスト発表 C・ブラウンに鈴木福、ヒロインは芦田愛菜

映画『スヌーピー』吹き替えキャスト発表 C・ブラウンに鈴木福、ヒロインは芦田愛菜

 子役の鈴木福芦田愛菜らが、今年12月4日に日本公開される映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』の吹き替えキャストを務めることが10日、都内で行われたスヌーピー・バースデーイベントで発表された。

【写真】その他の写真を見る


 スヌーピーの誕生日であるこの日、初めて3DCGで描かれる同作の吹き替えキャストが発表され、スヌーピーの飼い主、チャーリー・ブラウンに鈴木、チャーリーの妹・サリーに小林星蘭、いつも強気でイタズラをせずにはいられない女の子・ルーシーに谷花音が起用された。また、原作ではシルエットのみの登場だった、チャーリーが思いを寄せる転校生「赤毛の女の子」を芦田が務める。

 鈴木は「世界のスヌーピーの声ができてうれしいです」と声を弾ませたが、チャーリーが芦田演じる女の子に片思いをすることについては「恋をしたことがないので、頑張ります」と照れ笑いを浮かべた。芦田は「スヌーピーが本当に大好きでお弁当箱も水筒もパジャマもスヌーピーなんです」と感動し、恋については「お母さんに聞いてみます」と笑顔だった。

 イベントでは、きょう8月10日が日本記念日協会から「スヌーピーの日」と認定され、キャストとスヌーピーは大はしゃぎで喜んでいた。

 同作は、1950年から約50年にわたって米国の新聞に連載されたチャールズ・M・シュルツ氏の漫画『ピーナッツ』に登場するスヌーピーと親友のチャーリー・ブラウン、その仲間たちが繰り広げるシニカルでウイットに富んだ世界を描く。

 今作は、映画『アイス・エイジ』シリーズで知られているブルー・スカイ・スタジオの製作で、監督はスティーブ・マーティノ氏、音楽は『アナと雪の女王』を手がけたクリストフ・ベック氏が担当。2次元の漫画やイラストからポップな色使いで3次元(立体)化され、毛の一本一本までリアルに表現されて躍動し、空想好きのスヌーピーが織りなす壮大な物語とチャーリー・ブラウンの大冒険、スヌーピーとチャーリーとのユーモラスな友情が描かれる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』日本語吹き替え版の声優に起用された(左から)小林星蘭、鈴木福、芦田愛菜、谷花音 (C)ORICON NewS inc.
  • チャーリー・ブラウンの声を担当する鈴木福 (C)ORICON NewS inc.
  • 8月10日が誕生日のスヌーピー (C)ORICON NewS inc.
  • 「赤毛の女の子」の声を担当する芦田愛菜 (C)ORICON NewS inc.
  • ルーシーの声を担当する谷花音 (C)ORICON NewS inc.
  • サリー声を担当する小林星蘭 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス