• ホーム
  • 映画
  • 木村拓哉、『HERO』次作に意欲「待ってくれる気持ちがあれば」

木村拓哉、『HERO』次作に意欲「待ってくれる気持ちがあれば」

 SMAP木村拓哉と女優の松たか子が8日、大阪市内で映画『HERO』大ヒット舞台あいさつに出席。同作の舞台あいさつでは8年ぶり肩を並べ、観客の大歓声を浴びた。劇中の2人の関係を聞かれた木村は「2人の間の“解決”は、待ってくれる皆さんの気持ちがあれば」と次回作に意欲を示した。

 同作の大きな注目の一つは、久利生公平(木村)と雨宮舞子(松)の恋愛関係。木村は「(ファーストシーズンで)雨宮とキスして終わったから、その後どうなるんだ」と鈴木雅之監督に聞いてみたと明かしたが「いつも『まぁまぁまぁ』とはぐらかされる」と不満顔。鈴木監督は「企業秘密です」とイタズラっぽく笑い明言を避けると、木村は観客の気持ちを代弁するかのように「ムカつくわ〜」と苦笑いを浮かべた。

 監督からは“結末”を聞き出すことができなかった木村だが「2人の間の“解決”は、待ってくれる皆さんの気持ちがあれば」と意欲をみせ、会場の『HERO』ファンは割れんばかりの拍手を送って期待した。

 同作は、ヒットドラマの劇場版第2弾。個性的な検事・久利生公平(木村)を中心に、麻木千佳(北川景子)らドラマ版シーズン2のレギュラーメンバーが出演。さらに、かつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子(松)が大阪地検難波支部から検事としてやって来る。大使館という“絶対領域”に、久利生はじめ城西支部の検事・事務官らが切り込んでいく。




オリコントピックス