• ホーム
  • 音楽
  • globe・KEIKO、4年ぶり肉声コメント披露 復帰待つファンに「ありがとう」

globe・KEIKO、4年ぶり肉声コメント披露 復帰待つファンに「ありがとう」

 3人組ユニット・globeが9日、東京・新宿ステーションスクエアでデビュー20周年記念イベント『globe 20th anniversary special event』を開催。小室哲哉マーク・パンサーが登場し、2011年10月24日にくも膜下出血で搬送され、リハビリを続けているボーカルのKEIKOも病に倒れてから約4年ぶりとなる“肉声コメント”を披露した。

【写真】その他の写真を見る


 アルタビジョンでglobeの歴史を振り返る映像が流され、ファン、通行人ら約5000人の視線が集まるなか、最後にKEIKOの肉声でコメントが流れると、新宿駅前の熱気は一気に最高潮に達した。

 「みなさん、大変ごぶさたしています。globeのKEIKOです。globe、特に私の歌を待ってくれる人には、ありがとうと心から思います。マークにもありがとうと感謝しています。みんなありがとうございます」と、KEIKOのコメントが流れ終わると、アルタビジョン付近ではあたたかい拍手がわき起こった。

 ステージ上にKEIKOの姿はなかったもののglobeとしては、2009年8月22日の『a-nation』以来、約6年ぶりイベントでライブを行った。マークがDJとしてプレイし、小室がそのトラックに載せてキーボードを演奏してヒット曲「FACE」などを披露。ボーカルには、楽曲発売時のKEIKOの歌声が使用され、ファンたちは当時を懐かしみながら一緒に口ずさんでいた。

 大勢のファンを前に「日本一暑い夏のまっただ中、集まってくれてありがとう。間違いなくKEIKOも喜んでいます」と小室。マークも「globeは20週年を迎えました。みんなのおかげです、ありがとう! あっという間の20周年でしたけど、これからもglobeは突っ走っていくのでよろしくお願いします!」とさらなる飛躍を誓い、ファンも大歓声で答えた。

 デビュー曲「Feel Like dance」(1995年8月9日)をはじめ、メガヒットを連発し、一時代を築いたglobe。ライブ途中にはマークの口から今秋にトリビュートアルバムの発売と、今までミュージックビデオがなかった「FACE」「DEPARTURES」などのヒット曲を中心に女優・モデルとコラボした映像作品を制作することも発表された。



関連写真

  • globeのヴォーカル・KEIKOの肉声が東京・新宿アルタの大型ビジョンで4年ぶりに一般公開された(C)ORICON NewS inc.
  • 東京・新宿駅前でglobeデビュー20周年イベントを開催した小室哲哉 (C)ORICON NewS inc.
  • 東京・新宿駅前でデビュー20周年イベントを開催したglobeの小室哲哉(左)とマーク・パンサー(右)
  • 東京・新宿駅前でglobeデビュー20周年イベントを開催したマーク・パンサー (C)ORICON NewS inc.
  • 東京・新宿駅前でglobeデビュー20周年イベントを開催した小室哲哉とマーク・パンサー
  • 東京・新宿駅前で開催されたglobeのデビュー20周年イベントで約4年ぶりの肉声とともに大型ビジョンに映し出されたKEIKOの手紙(1/4)
  • 東京・新宿駅前で開催されたglobeのデビュー20周年イベントで約4年ぶりの肉声とともに大型ビジョンに映し出されたKEIKOの手紙(2/4)
  • 東京・新宿駅前で開催されたglobeのデビュー20周年イベントで約4年ぶりの肉声とともに大型ビジョンに映し出されたKEIKOの手紙(3/4)
  • 東京・新宿駅前で開催されたglobeのデビュー20周年イベントで約4年ぶりの肉声とともに大型ビジョンに映し出されたKEIKOの手紙(4/4)

オリコントピックス