• ホーム
  • 芸能
  • 亀梨和也、蜷川氏から「やせろ」指令 スパルタ指導に感謝

亀梨和也、蜷川氏から「やせろ」指令 スパルタ指導に感謝

 アイドルグループ・KAT-TUN亀梨和也が9日、東京・Bunkamuraオーチャードホールで行われた音楽劇『青い種子は太陽のなかにある』の公開けいこ後、囲み取材に応じた。スラム街の工員役を演じる亀梨に演出を務める蜷川幸雄氏は「やせろ」と“指令”を出していたことを明かした。

 初の蜷川作品に参加した亀梨。けいこ前には「都市伝説では、何かモノが飛んでくると聞いていた」と、厳しい指導で有名な蜷川氏に戦々恐々としていたが、「確かに強い指導をいただくこともあった。でもしっかりと愛情がこもっていて真摯(しんし)に受け止めました」と感慨深げに話し、感謝した。

 蜷川氏は役者・亀梨の印象を聞かれ、「真面目だね、とても屈折のあるいい演技をしてる」と絶賛。一方で演技指導に当たる際「屈折した演技を出すために『やせろ』と言った」と明かし「ウエストをあと5センチ、やせてほしかった」とポツリ。あす10日に初日を迎えるが、亀梨が「縮まるでしょう。いきましょう!」と意気込むと、蜷川氏は「それは無理でしょ」と笑った。

 8月10日より同所にて上演される同作は、生誕80周年を迎える故・寺山修司さんが1963年に28歳で書きあげた音楽劇。取材には女優の高畑充希、俳優の六平直政、音楽プロデューサーを務める松任谷正隆氏も出席した。



オリコントピックス