• ホーム
  • 映画
  • 小関裕太、一緒に飲みたい先輩は「福山雅治さん」

小関裕太、一緒に飲みたい先輩は「福山雅治さん」

 俳優・小関裕太(20)が8日、都内で行われた映画『Drawing Days』公開初日舞台あいさつに出席した。6月に20歳となった小関は「お酒もそうですし、大人の方々のロックが外れたので、いろんな方との交流がすごく楽しくなりました」と喜び、今後、一緒に飲んでみたい事務所の先輩として「この前、高橋優さんと飲ませていただいたので…福山雅治さん!」とラブコールを送った。

【写真】その他の写真を見る


 小関は「福山さんと飲むと、最後はギターが出てきて音楽会になるという…そういう魅力的な話をうわさで聞いたので何かいいなって」と憧れの眼差し。劇中では泥酔シーンがあることから、司会にプライベートでの酒ぐせを心配されると「わからないです。実際もあんな感じかも…」と笑わせた。

 この日は、浴衣で登場。この夏にやってみたいこととして「お漬物を漬けたい」と渋い好みを告白し「お漬物とみそ汁とごはんのセットが好きなので、自分で作ってみたい」とノリノリだった。

 もともとは小関のバースデーイベントで公開するために制作された同作。「夢を心に秘めた青年」と「夫に先立たれた婦人」の二人による奇妙な共同生活から物語が始まる。劇中で油絵に挑戦した小関は「今までは人に描いた絵を見せることはなかったので、こうして形になり、より絵を好きになるきっかけとなった」と満足気に明かしていた。




関連写真

  • 映画『Drawing Days』公開初日舞台あいさつに登壇した小関裕太 (C)ORICON NewS inc.
  • 涼しげな浴衣姿で登場 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『Drawing Days』公開初日舞台あいさつに登壇した小関裕太 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『Drawing Days』公開初日舞台あいさつに登壇した小関裕太 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス