• ホーム
  • 映画
  • 本木雅弘、昭和天皇役映画を17歳息子が鑑賞

本木雅弘、昭和天皇役映画を17歳息子が鑑賞

 俳優の本木雅弘が8日、都内で行われた映画『日本のいちばん長い日』初日舞台あいさつに出席。普段は本木の仕事に興味を示さないという17歳の息子が会場に来ていることを明かし、「珍しく『これは見てみたい』ということで、今の回を見ていました。家に帰って、どんな感想が飛び出すのか、とても楽しみにしております」と父の顔を見せた。

 同作で昭和天皇を演じた本木は「役に対するプレッシャーは、もう浴びるほどに感じました。周りの空気が全部プレッシャーだったので、どこからがプレッシャーか境がわからない感じで終わってしまいました」と撮影を回顧。公開初日を迎え「少しは風穴が開いたような感じがして、少しは呼吸ができそうな気がします」と安堵の笑みを浮かべた。

 昭和史研究の第一人者である半藤一利氏のノンフィクションを完全映画化。終戦前夜、平和のために身を挺して苦悩する人々の人間ドラマを描く。

 舞台あいさつにはそのほか、役所広司松坂桃李神野三鈴原田眞人監督が出席した。


YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス