• ホーム
  • 芸能
  • 歌丸、『笑点』で仕事復帰「あと50年は…」 司会交代説に円楽「不愉快」

歌丸、『笑点』で仕事復帰「あと50年は…」 司会交代説に円楽「不愉快」

 体調不良のため休養していた落語家・桂歌丸(78)が8日、都内で収録された日本テレビ系長寿番組『笑点』(9月13日放送分)の司会で仕事復帰を果たした。冒頭の客席あいさつから収録をスタートした歌丸は、車いすで登場。「腸閉塞という病気で2ヶ月間入院しました。全快とは行きませんが、どうにかよくなりました。あと50年は司会を務めさせていただきますので、お付き合いのほどお願いします」とユーモアたっぷりにあいさつした。

 大喜利コーナーでは「あたくしの復帰があまりにもうれしくて泣きっぱなしの皆さん」と紹介されたメンバー。それぞれが歌丸の復帰を喜ぶなか、三遊亭円楽は「男ってもんはグズグズ言うもんじゃない。私はハッキリ言いますよ。歌丸師匠の復帰ですか、チッ」「政治家と歌丸の入院、嘘ばっかり」と毒舌たっぷりに笑わせるなど、おなじみの“歌丸イジリ”を連発させた。

 歌丸は6月1日に背部褥瘡(はいぶじょくそう)の手術のため入院、治療を行い退院するも、体調不良で検査・療養のため再入院。7月11日に退院した。この日、6月20日収録(7月12日放送)分から出演を見合わせていた同番組に復帰、今月11日には高座復帰も控えている。

 一部で「歌丸勇退、円楽への司会交代」が報じられたことについて円楽は「歌丸師匠がお休みの間、心ない新聞や雑誌が、司会が交代するとか根も葉もないことを書いていました。本当に面白くないし、当事者としては不愉快でした」と胸中を語り「面白いというのはどういうことか。突然、座布団運びが変わったとかね」とオチをつけていた。



オリコントピックス