• ホーム
  • 音楽
  • タモリ、3Dタモリ像と初対面に苦笑「髪の毛が多い」

タモリ、3Dタモリ像と初対面に苦笑「髪の毛が多い」

 タレントのタモリが7日、東京・テレビ朝日で「タモリ像」完成披露イベントに登場。司会を務める同局系『ミュージックステーション』の30年目突入記念として、精巧に作られた等身大の「タモリ像」と初対面を果たすと「これ俺だよ、よく出来ている。気持ち悪いなぁ」と出来栄えに驚き「でも(タモリ像は)髪の毛が多い」と苦笑した。

【写真】その他の写真を見る


 制作に2ヶ月かかったという「タモリ像」は、タモリ本人を3Dスキャンカメラによって全身撮影し、精密なデータから3Dプリンターで立体像を出力。その後、型取りした粘土像を、専門の技術者がリアルに彫刻して仕上げ、さらにシリコンで型取りした。髪の毛は1本1本植毛して再現し、タモリを担当しているヘアメイクが仕上げをした。

 間近で観察したタモリは、「口が嫌なんだよ」と改めてコンプレックスが見つかった様子。9月23日の正午から10時間かけて放送される特番『MUSIC STATION ウルトラFES』に向けて「楽しみにしていることは一つもない」と正直な心境を吐露しつつ、余裕を感じさせる笑みも。

 また、番組を長く続ける秘訣については「反省しないこと。反省会をしたことは1回もないし、終わったものはしょうがない」と話すと、同じく司会を務める弘中綾香アナウンサーは「勇気が湧いてくる言葉ですね」と噛み締めていた。

 「タモリ像」は今後、『テレ朝夏祭り』アトリウム内Mステブース、および全国各地に“出張”するキャラバンを決行。きょう7日放送の『ミュージックステーション』にも登場する。



関連写真

  • 報道陣にお披露目された(左から)本物のタモリと3Dタモリ (C)ORICON NewS inc.
  • 『ミュージックステーション』の30年目突入記念して等身大タモリフィギュアがお披露目(左から)本物のタモリと3Dタモリ (C)ORICON NewS inc.
  • 『ミュージックステーション』の30年目突入記念して等身大タモリフィギュアがお披露目 (C)ORICON NewS inc.
  • 等身大タモリフィギュアと対面した本物のタモリ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)タモリ、等身大タモリフィギュア、弘中綾香アナウンサー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス