• ホーム
  • 音楽
  • 三代目JSB、新曲MVは紀里谷和明監督 ダンス・CGなしで「感情むき出し」

三代目JSB、新曲MVは紀里谷和明監督 ダンス・CGなしで「感情むき出し」

 人気グループ・三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの新曲で、篠原涼子主演映画『アンフェア the end』(9月5日公開)の主題歌「Unfair World」(9月2日発売)のミュージックビデオ(MV)が6日、公開された。監督は『The Last Knights』(2015年11月公開)でハリウッド進出を果たす紀里谷和明氏が務めた。

【写真】その他の写真を見る


 同曲は、昨年10月発売の「C.O.S.M.O.S.〜秋桜〜」以来、約1年ぶりとなるバラード作品。MVは「フェアではない世の中での“悲しみ”や“愛おしさ”」が表現され、悲しみの感情を抱えている女性をモデルの浦浜アリサ、E-girlsの石井杏奈らが演じ、その“守護神”をメンバーが熱演する。

 見どころは、メンバーの表情と表現力。これまでのMVはボーカルとダンス、最先端のCG技術などを駆使してきたが、今作はダンスもCGも一切なし。人間の汚れた感情や欲、嘘が作る「悲しみ」がリアルに描かれ、“アンフェア”な世界観と共に独特のストリート感を漂わせる。

 紀里谷監督は「お芝居をしてもらうのではなく、本当に悲しいという感情や愛おしいという感情を実際に感じてもらうという点が、ハードルが高く難しい撮影だった」と振り返り、岩田剛典も「撮影時に苦労したことは、むき出しの感情を、撮影するシーンのみだけでなく、セットに入ってから撮影中ずっとキープすることでした」と苦戦したことを明かした。

 山下健二郎は「CGやダンスもない、感情むき出しのみんなの内からあふれ出た表情をぜひ見てほしいです!」とアピール。小林直己は「この楽曲のメッセージでもある大切な人への思いを自分に置き換えて撮影に臨み、普段なら出さないような表情も出たのかなと思います」、NAOTOは「今の時代思いどおりにならなかったり、不公平なことがたくさんある中で生きている皆さんに対しての熱いメッセージも感じていただけると思います」とそれぞれ自信をにじませている。

■メンバーコメント
▽岩田剛典
「MV撮影時に苦労したことは、むき出しの感情を、撮影するシーンのみだけでなく、セットに入ってから撮影中ずっとキープすることでした」

▽山下健二郎
「今回初めて紀里谷監督に撮影していただきました! CGやダンスもない感情むき出しのみんなの内からあふれ出た表情をぜひ見てほしいです!このPVが何年たっても色あせないように監督と一緒にディレクションしながら撮影して、個人的にも初めての体験をさせていただきました! 本当に楽しかったし勉強になりました!」

▽小林直己
「いつもはパフォーマーとして楽曲をダンスで表現しているのですが、今作は、紀里谷監督のもと、『芝居ではなくそれぞれのリアルな感情がほしい』というプランでしたので、その点で普段とは異なる撮影になりました。この楽曲のメッセージでもある、大切な人への思いを、自分に置き換えて撮影に臨み、普段なら出さないような表情も出たのかなと思います」

▽NAOTO
「今回は世界的にも活躍されている紀里谷監督に全てをお任せしてメンバー全員が監督を信頼し委ねることで出来上がった作品となりました。今回監督からいただいたテーマは感情のむき出しということで、撮影現場はかつてないほどに静まり返り、そこにいる全ての人が本気で作品と向き合い集中していました。その結果今まで見たことのないメンバーの表情などがこの作品ではたくさん含まれていますし、今の時代思いどおりにならなかったり、不公平なことがたくさんある中で生きている皆さんに対しての熱いメッセージも感じていただけると思います」




関連写真

  • 三代目 J Soul Brothersが新曲「Unfair World」MV(紀里谷和明監督)公開
  • メンバーが感情をむき出しにする
  • 「Unfair World」MVより
  • 三代目 J Soul Brothersが新曲「Unfair World」MV(紀里谷和明監督)公開
  • 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

オリコントピックス