• ホーム
  • 映画
  • 有吉弘行、こじはるに暴言連発「エロくなられて…」

有吉弘行、こじはるに暴言連発「エロくなられて…」

 タレントの有吉弘行(41)とAKB48小嶋陽菜(27)が4日、都内で行われた映画『テッド2』(28日公開)日本語吹き替え版完成公開アフレコイベントに出席。前作(2012年)に続き、見た目は愛らしいテディベアだが中身は低モラルな中年オヤジ・テッドの吹き替えを担当する有吉の続投をお祝いするため、小嶋が“テッドもふもふファンクラブ代表”として駆けつけた。この日有吉は「よく仕事しているので気楽でいい」と相変わらずの毒舌を小嶋に連発させた。

【写真】その他の写真を見る


 2010年に放送開始した『有吉AKB共和国』(TBS系)で、2人は5年以上もMCを担当。登場早々、有吉は小嶋の写真集を「あのエロ本」呼ばわりすると、小嶋に「AKB卒業間近で本当にずいぶんエロくなられて…」とニヤリ。「いつもはもうちょっとむくんでる。きょうは調整してきましたね」としたり顔を浮かべると、小嶋も「気合いれてきました」とマイペースに応じて笑いを誘った。

 さらに小嶋が吹き替えで前作を鑑賞したと聞いた有吉は「字幕は頭が悪くて観れないですもんね」と口撃すると、小嶋は「何も考えないで見れるので…」と苦笑い。有吉のアフレコ風景を見ていた小嶋が「感動しました。今でもテッドといるみたい」と褒めると「とってつけたみたい…」と呆れるなど、息のあったやりとりをみせていた。

 今作でもめでたく声優続投となった有吉だが「(前作ヒットは)意外や意外。単館でクソみたいにつぶれるかと思った」と毒づき「みんな吹き替えで見てるんですか?僕は絶対に字幕派です」とキッパリ。声優の仕事も「相変わらず大変。慣れないことをやるとネチネチ監督に怒られるのでイライラした」と終始、言いたい放題だった。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • AKB48・小嶋陽菜(右)に暴言を連発した有吉弘行(左) (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)有吉弘行、AKB48・小嶋陽菜 (C)ORICON NewS inc.
  • テッドに囲まれてアフレコをする有吉弘行 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『テッド2』の日本語吹き替え版完成公開アフレコイベントに出席したAKB48・小嶋陽菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『テッド2』の日本語吹き替え版完成公開アフレコイベントに出席したAKB48・小嶋陽菜 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『テッド2』の日本語吹き替え版完成公開アフレコイベントに出席した有吉弘行 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス