• ホーム
  • 芸能
  • ケンコバ、5年ぶりテレビ共演の元相方は「不思議なサイコロ」

ケンコバ、5年ぶりテレビ共演の元相方は「不思議なサイコロ」

 お笑い芸人のケンドーコバヤシが3日、都内で行われたバラエティー番組『どうなる?』(TOKYO MX1 毎週月曜 後10:30)の収録で、2000年に解散した「モストデンジャラスコンビ」の元相方・村越周司と、5年ぶりにテレビでの共演を果たした。

【写真】その他の写真を見る


 村越はコンビ解散と同時に芸人を引退したが、10年によしもとに復帰。それ以来初のテレビ共演となったが、ブランクを感じさせないほど息のあったやり取りを見せて大いに盛り上げた。久しぶりに隣同士で“漫談”を繰り広げた元相方について、ケンコバは「不思議なサイコロみたいな男」と評する。その真意を「一面だけ大当たりで、あとは大ハズレなんです」と説明した上で「きょうは、普通に悪いほうの目が転がった」と笑わせながら、喜びを語った。

 2人の掛け合いの完成度の高さに「コンビの再結成は?」と話題が及ぶと、現在ガードマンなどバイトの方が芸人活動よりも比重が大きいという村越が、ひっそりと「小林くんとは住む世界が違うんで申し訳ない。僕は素人みたいなもんなんで」と控えめな発言。解散後、ピンでの活動を続けてブレイクを果たしたケンコバへの気遣いを見せていた。

 会見にはそのほか、竹内渉、AKB48の永尾まりやも出席。「24時間でギャグを100個作る、24時間ギャグマラソン」と題し、村越がギャグの限界に挑む姿に密着した同番組は24日に放送される。



関連写真

  • 5年ぶりのテレビ共演を果たした(左から)村越周司、ケンドーコバヤシ (C)ORICON NewS inc.
  • バラエティー番組『どうなる?』の収録後取材に応じた(左から)竹内渉、村越周司、ケンドーコバヤシ、永尾まりや (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス