• ホーム
  • 芸能
  • でんぱ組.incえいたそ、芸名由来は『ラブひな』 作者・赤松健氏は「光栄」

でんぱ組.incえいたそ、芸名由来は『ラブひな』 作者・赤松健氏は「光栄」

 アイドルグループ・でんぱ組.incの“えいたそ”こと成瀬瑛美が3日、都内で行われた『Jコミックテラス』会社設立および事業に関する説明会に出席した。同社の取締役会会長で漫画家の赤松健氏の代表作『ラブひな』の大ファンである成瀬は「“瑛美”は本名なんですけど、芸名を考えた時に(同作ヒロインの)「成瀬川なる」ちゃんみたいになりたいと“成瀬”の字をちょうだいしました!」と芸名の由来が同作であることを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 それぞれ得意な“オタクジャンル”を持つでんぱ組のメンバーでも、アニメ・マンガが大好きだという成瀬は「最近は『週刊少年ジャンプ』では『磯部磯兵衛』とか、『週刊少年マガジン』では『神さまの言うとおり』に夢中になってます」とお気に入りを紹介。なかでも『ラブひな』は「ずっと読んでるから、絵とかも模写したり拡大コピーしてお部屋に貼ってたりしたので、ボロボロです」と特に愛着があるようで「成瀬川なる」は「小学校の時に読んでて大好きで憧れのヒロイン」と目を輝かせた。

 以前から成瀬とは面識があった赤松氏だが「ツイッターの噂では知っていたけど、直に聞いたのは初めて。光栄です」と感謝。「“成瀬川”から発展した成瀬さんを応援していきたいです」とお墨付きを与えていた。

 赤松氏とGYAOによって設立された同社は、本日より出版社が取り扱わない漫画を無料配信し、作家に広告収益を100パーセント還元する無料電子サービス『マンガ図書館Z』を提供開始。海賊版を撲滅し、作家の収益を最大化することで電子書籍、出版市場の発展に寄与することを掲げている。

 赤松氏は2011年に絶版マンガの全巻無料配信する『Jコミ』を設立。惜しくも印刷物にならなかったマンガをオンデマンド印刷して読者に届けてきた『絶版マンガ図書館』を、今回のサービスに事業譲渡。サイトリニューアル、アップロードシステムの刷新、新ビューワー、51か国語への自動翻訳対応などグレードアップさせる。会見では漫画家の里中満智子氏、植田まさし氏、八神健氏、佐藤マコト氏らの応援メッセージが紹介された。



関連写真

  • 赤松健氏(右)の代表作『ラブひな』が芸名の由来であることを明かしたでんぱ組.inc・成瀬瑛美(右) (C)ORICON NewS inc.
  • 『ラブひな』への愛着を語ったでんぱ組.inc・成瀬瑛美 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)赤松健氏、成瀬瑛美 (C)ORICON NewS inc.
  • 『Jコミックテラス』会社設立および事業に関する説明会の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『Jコミックテラス』会社設立および事業に関する説明会に出席した取締役会会長の赤松健氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス