• ホーム
  • 音楽
  • 川栄李奈、舞台『AZUMI』主演 たかみなが涙で祝福

川栄李奈、舞台『AZUMI』主演 たかみなが涙で祝福

 AKB48川栄李奈が、同グループ卒業後の初仕事として、舞台『AZUMI 幕末編』の主演を務めることが2日、わかった。さいたまスーパーアリーナで行われた卒業コンサートで発表された。メンバーたちから祝福された川栄は「初めての舞台で、初めての主演で本当に緊張しますし、ものすごく不安だけれど、AKBの5年間で得た経験を生かして頑張りたいと思います」と決意表明。その頼もしい姿に、高橋みなみは「川栄、すごいよ」と親のように号泣した。

 『あずみ』は、小山ゆう氏原作の時代劇マンガ。刺客として育てられた少女・あずみの生きざまを描いており、第1部は上戸彩主演で映画化、黒木メイサ主演で舞台化もされた人気作。今回は、時代を幕末に移した第2部を舞台化。川栄のほか、NHK朝の連続ドラマ『マッサン』で注目を浴びた浅香航大、『仮面ライダーオーズ』の渡部秀が出演する。

 卒業コンサートでは、川栄が支えてくれたファンに涙ながらに手紙で感謝を伝え、「テレビや舞台で活躍する姿をお見せすることが恩返しだと思っています。日々努力して頑張ります」と女優としての活躍を誓っていた。

 舞台『AZUMI 幕末編』は9月11〜24日、東京・新国立劇場中劇場にて上演。



オリコントピックス