• ホーム
  • 映画
  • 三浦春馬『進撃』公開に感慨「晴れやかな気持ちです」

三浦春馬『進撃』公開に感慨「晴れやかな気持ちです」

 俳優の三浦春馬が8月1日、都内で行われた実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の初日舞台あいさつに出席。話題の主演作がついに封切りとなり、大勢の観客を前に主人公・エレンを演じた三浦は胸中を語った。

【写真】その他の写真を見る


 前日には「夜中に1回起きてしまい、変な汗をかいてました」と、照れながら明かした三浦だが、鑑賞後したファンから称賛の拍手や歓声を浴びると「晴れやかな気持ちです」と感慨深げに話した。

 ハンジ役の石原さとみも「きのうの夜は不安で眠れなかった」とポツリ。「『ハンジ』って検索しちゃってみんなのリアクションを気にしちゃう自分がいる。もっと毅然と堂々と、吹っ切れたような感じになれたらいいのに」と笑った。

 キャスト陣が撮影秘話や、作品に対する思いを口にするなか、締めを任された主演の三浦は「こんなに大勢のスタッフ、キャストが関わっている作品なので今年の夏は“進撃一色”にしたい」と意気込むと「きょう幕を開けましたけど、まだ後編もある。実写版ならではのよさをもっともっと提供していきたい。まだまだ番宣をしていきたいと思ってます」と言葉に力を込めた。

 舞台あいさつにはそのほか、長谷川博己水原希子本郷奏多三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭ピエール瀧樋口真嗣監督が出席。後篇『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』は9月19日公開。



関連写真

  • エレン役を務める三浦春馬 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)樋口真嗣監督、松尾諭、桜庭ななみ、本郷奏多、水原希子、三浦春馬、長谷川博己、石原さとみ、三浦貴大、ピエール瀧 (C)ORICON NewS inc.
  • 実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の初日舞台あいさつに出席した(左から)桜庭ななみ、本郷奏多、水原希子 (C)ORICON NewS inc.
  • 実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の初日舞台あいさつに出席した(左から)石原さとみ、三浦貴大、ピエール瀧 (C)ORICON NewS inc.
  • 実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の初日舞台あいさつに出席した(左から)樋口真嗣監督、松尾諭、桜庭ななみ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス