TBS、日航機墜落30年で再現ドラマ


 520人が死亡し、単独機の事故としては世界最悪とされる「日航ジャンボ機墜落事故」から丸30年となる8月12日、再現ドラマとドキュメンタリーで事故の真相に迫るTBS系『8.12日航ジャンボ機墜落事故 30年の真相』(後7:00 ※一部地域除く)が放送される。

【写真】その他の写真を見る


 御巣鷹の尾根(群馬県)に衝突し、バラバラになった123便の機体から救出された生存者4人の話を運輸省航空事故調査委員会(当時)が聴取。番組では、事故調査報告書に記載されていない4人の未公開証言記録を独占入手し、手書きのメモや独自に取材した生存者、親族への証言などを基にドキュメンタリーと再現ドラマで構成する。

 ドラマは、残された家族の30年を描き、これまで語られることのなかった遺族の実像を伝える。美山加恋大内田悠平国分佐智子安達祐実らが出演。

 ドキュメンタリーでは、35ミリの写真フィルムを最新技術で超高画質の8K映像にすることに成功。破壊された尾翼部分がくっきりと浮かび上がり、胴体から車輪を出している様子もはっきりわかるようになった。また、フライトレコーダーから墜落直前の“20秒”の動きを詳しく記した未公開資料を独自入手。CGを駆使して123便の動きを再現する。

 123便は後部の圧力隔壁が壊れ、機体の最後部と垂直尾翼の大部分を失った。隔壁破壊のキッカケとされる、事故7年前の隔壁の修理ミスはなぜ起きたのか──。30年たった今も未解明の事故の核心、修理ミスの真相に迫る。



関連写真

  • 『8.12日航ジャンボ機墜落事故 30年の真相』より (C)TBS
  • 生存者救出の瞬間 (C)TBS
  • 日航ジャンボ機墜落事故当時の映像=『8.12日航ジャンボ機墜落事故 30年の真相』 (C)TBS
タグ

オリコントピックス