• ホーム
  • 芸能
  • 早乙女太一、元タカラジェンヌと歌共演にプレッシャー「死ぬほど嫌です」

早乙女太一、元タカラジェンヌと歌共演にプレッシャー「死ぬほど嫌です」

 大衆演劇俳優の早乙女太一(23)が7月31日、東京・新橋演舞場で『新橋演舞場8月公演、大阪松竹座9月公演「もとの黙阿弥」』ゲネプロ前囲み取材に応じた。同作で早乙女は、元タカラジェンヌ・真飛聖(38)と歌の共演シーンがあるが、真飛の宝塚仕込みの歌声に思わず弱音を吐露した。

【写真】その他の写真を見る


 早乙女は「真飛さんはずっと宝塚で鍛えられた歌を披露するんですが、それと一緒に歌っていう、本当に死ぬほど嫌なんです」と元・花組トップスターを前に弱気。貫地谷しほり(29)からは「そんなこと言ってるけど、早乙女さんもすてきだった」と絶賛されると、「負けそうな気持ちに負けないように、頑張りたいです」と気持ちを奮い立たせていた。

 肉体美を披露するシーンにも挑戦しており、座長の片岡愛之助(43)からは「すごいことになってますよ。ぜひ肉体美を見に来てほしい」と太鼓判を押され、波乃久里子(69)からは「アクションもすごい」と共演者から絶賛の嵐。早乙女は「そんなこと言われたらやるしかないでしょう」と照れ笑いを浮かべていた。

 同作は、文明開化の明治の浅草の芝居小屋が舞台。2組の男女の入れ替わりで巻き起こる、笑いと涙が入り乱れる人間模様が描かれる。囲み取材にはそのほか、関西ジャニーズJrの浜中文一(27)が出席した。




関連写真

  • 歌唱シーンへの弱音を吐露した早乙女太一
  • (左から)真飛聖、早乙女太一、片岡愛之助、貫地谷しほり、波乃久里子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『新橋演舞場8月公演、大阪松竹座9月公演「もとの黙阿弥」』ゲネプロ前囲み取材に応じた片岡愛之助 (C)ORICON NewS inc.
  • 『新橋演舞場8月公演、大阪松竹座9月公演「もとの黙阿弥」』ゲネプロ前囲み取材に応じた貫地谷しほり (C)ORICON NewS inc.
  • 『新橋演舞場8月公演、大阪松竹座9月公演「もとの黙阿弥」』ゲネプロ前囲み取材に応じた真飛聖 (C)ORICON NewS inc.
  • 『新橋演舞場8月公演、大阪松竹座9月公演「もとの黙阿弥」』ゲネプロ前囲み取材に応じた波乃久里子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス