• ホーム
  • 芸能
  • 石原プロ、15年ぶり新人発掘 グランプリは新作アクション映画出演

石原プロ、15年ぶり新人発掘 グランプリは新作アクション映画出演

 石原プロモーションが、15年ぶりに新人発掘オーディションを開催することが7月31日、わかった。都内で行われた石原裕次郎生誕80周年記念『4K未来映像プロジェクト』記者発表会で発表された。グランプリには同事務所所属のほか、4K映像による新作アクション映画に出演することが約束されており、石原プロの映画製作は1971年公開の『甦える大地』以来となる。

【写真】その他の写真を見る


 同オーディションは、石原プロと全国約200のケーブルテレビ局がタッグを組んで実施。4K映像時代の石原裕次郎を発掘する。応募資格は特定のプロダクションと契約していない15歳から24歳までの男性で、日本語は話せれば国籍は問わない。応募締め切りは10月31日まで。

 11月に書類選考、12月に面接・カメラテストを行い、来年2月から3月にかけてウェブ投票などを行う。最終選考は、裕次郎さんゆかりの地であるハワイでの合宿と東京での選考を予定している。

 会見に出席した石原プロの会長で、裕次郎さんの妻の石原まき子氏は、「今はAKBさんやジャニーズさんがいるが、一風変わった若い方に集まっていただければ」といい、「明るくて、健康で、素直な若者を選べれば」と語った。

 オーディションではグランプリ、準グランプリを各1名ずつ選出され、両者とも4K映像による新作映画に出演する。映画は、刑事アクションを予定しており、16年クランクイン、17年の公開を予定している。




関連写真

  • 石原プロモーションが15年ぶりの新人発掘オーディションを開催 (C)ORICON NewS inc.
  • 「一風変わった若い方に集まっていただければ」と語った石原まき子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 石原裕次郎生誕80周年記念『4K未来映像プロジェクト』記者発表会に出席した石原まき子氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 石原裕次郎生誕80周年記念『4K未来映像プロジェクト』記者発表会に出席した石原まき子氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス