• ホーム
  • 映画
  • 3DCG映画『ガンバと仲間たち』 エンドロールは“切り絵”

3DCG映画『ガンバと仲間たち』 エンドロールは“切り絵”

 24年ぶりに3DCGでスクリーンに復活する映画『GAMBA ガンバと仲間たち』(10月10日公開)のエンドロールのビジュアルが公開された。本編の3DCGとは異なる手づくりのぬくもりあふれるガンバと相棒のマンプクは、同作のコミュニケーション・ディレクターを務める森本千絵氏が描き下ろしたもの。制作中のエンドロールは、ガンバとマンプクが劇場のスクリーンを飛び出して街を旅する様子を描き、新しい物語として楽しめるようになっている。

 森本氏は、Mr.Childrenなどのミュージシャンのアートワーク、オンワード樫山やCanonなどの企業広告、有名番組の美術、映画『海街diary』の宣伝ビジュアルデザインなど、広告・デザインの枠を超えて活躍。史上最年少かつ女性で初めて受賞した伊丹十三賞をはじめ、あまたの広告賞も獲得している、名実ともにトップを走る売れっ子アートディレクターだ。

 同作では、コミュニケーション・ディレクターとして、宣伝ビジュアルのディレクションなど、宣伝に関わる全体的なコンセプトを任されている森本氏。アニメ・実写作品の企画・制作会社白組の代表取締役社長で、製作総指揮をとる島村達雄氏から「ただのエンドロールではなく、もう1つ別の作品を作るくらいの気概で臨んでほしい」というリクエストを受け、森本氏は「わたしなりのガンバを切り絵で作り、細かく重ねて白組さんと総力をあげました。映画を見終った方みなさんを劇場から地球の裏側まで旅にいざないます。楽しんでください」とコメントを寄せている。

■公式サイト
http://gamba-movie.com/



関連写真

  • トップアートディレクター・森本千絵氏が映画『GAMBA ガンバと仲間たち』(10月10日公開)のエンドロールのためにオリジナルガンバを描き下ろし(C)SHIROGUMI INC., GAMBA
  • 映像に先駆けて、キュートなデザインを初公開(C)SHIROGUMI INC., GAMBA
タグ

オリコントピックス