• ホーム
  • 芸能
  • 二代目・三波伸介、『キングオブコント2015』1回戦であえなく敗退

二代目・三波伸介、『キングオブコント2015』1回戦であえなく敗退

 “コント芸の日本一”を決定する『キングオブコント2015』1回戦が29日、都内で行われ、てんぷくトリオとして活躍した三波伸介さん(享年52)の長男・二代目三波伸介が結成した男女3人組・まんてんトリオが敗退した。

【写真】その他の写真を見る


 三波は2009年に二代目三波伸介を襲名し、2012年にまんてんトリオを結成。現役プロレスラーのシラノとヘアメークアーティストのオケイとともに、三波が昔からキャバレーで行っていたというネタで挑み、ゴムパッチンを使用するなどステージを大きく使ったネタを披露した。

 出番直後に行われた会見では、三波が「1回戦から参加したのは、気持ちを若返らせるためです」と若手に混じって参加した理由を説明。手応えを聞かれるも、逆に「大丈夫でしたか?」と質問するなど不安な様子も見せていたが、予想は的中して1回戦であえなく姿を消すこととなった。

 会見にはそのほか、“住みますアジア芸人”として、外国人の相方と組んで現地で活躍しているユニットのザ・スリー+トドアン(インドネシア)、エスディーきんじょう+サイフル+ザック(マレーシア)のほか、『キングオブコント2013』王者のかもめんたるが挑戦。

 外国人ならではの特色を生かしたコントで笑いをとっていたが、かもめんたるのみ2回戦に駒を進めた。決勝は今秋、TBS系で放送される。



関連写真

  • 『キングオブコント2015』1回戦で惜しくも敗退したまんてんトリオ (C)ORICON NewS inc.
  • 『キングオブコント2015』1回戦の模様
  • かもめんたる(左から)岩崎う大、槇尾ユウスケ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス