• ホーム
  • 芸能
  • 風間三姉妹、紆余曲折経ての3人のいま「またいつかスクリーンで」

風間三姉妹、紆余曲折経ての3人のいま「またいつかスクリーンで」

 1980年代に『スケバン刑事III』(フジテレビ系)で“風間三姉妹”として一世を風靡(ふうび)した女優の浅香唯大西結花中村由真が、芸能活動約30周年(浅香が30周年、大西が31周年、中村が29周年)を記念して7月19日と20日にライブを開催。同ライブで新曲「Anniversary」(会場限定発売、今後配信予定)を披露した3人が、ORICON STYLEのインタビューに応じた。これまでを振り返り30年前の貴重なエピソードや現在の心境、今後の展望について語った。

【写真】その他の写真を見る


◆久しぶりの新曲に感動、レコーディングでは緊張も

――みなさんが芸能活動をスタートされてから約30年が経ちましたが、現在、どのような心境でいらっしゃいますか?
【浅香】 正直、そんなに経った気がしないんですよね。そう考えると30年ってすごいなって思うんだけど、私たちはプライベートでも当時から変わらない関係性を続けてきているので。
【大西】 気付いたら、30年だったって感覚ですね。

――30周年を機に、コンサートを開催するのみならず、なんと新曲「Anniversary」まで発表されるという、嬉しいサプライズが続いていますが。
【浅香】 随分前から、「また3人でやりたいね!」って話はずっとしていたんです。
【大西】 どんな形であれ、3人で何かできればいいなって。
【浅香】 でも、由真が結婚してロスに在住するようになったこともあり、時間的な制約もあって、なかなか実現までには至らなかったんです。でも、今だったら大丈夫かもって、由真から連絡があって。

――それもまたすごいことですよね。ちなみに久々のレコーディングはいかがでしたか?
【中村】 初めて「Anniversary」を聴いたときに、80年代を意識したキャッチーな楽曲で、歌詞も私たち3人に合わせて書いてくださっていたので、すごく気に入ってレコーディングに臨んだんです。でも、実際に歌ってみたら……いやぁ〜難しかった(苦笑)。レコーディング自体、かれこれ12、3年ぶりになるので、最初は緊張して、ちゃんと歌えるのか不安もあったんです。

――30年ぶりに3人の声が重なった「Anniversary」を聴いたときは、どんなお気持ちでしたか?
【大西】 いやぁ〜感動ですよ。レコーディングのときに、ほかの2人の歌は一切聴いてなかったので、出来上がったものを聴いたときに、こんなにも綺麗にまとまっているんだって。

◆『スケバン刑事III』は、人間形成された場だった

――そんなみなさんが「Anniversary」を歌われるのも、感慨深い気持ちになりますが。
【大西】 言葉の1つひとつに重みがありますよね。30年間、お互いにいろんなことがあったけど、2人がそばにいてくれたから、どんなことも乗り越えられてきたんだなって。
【浅香】 でも、なんだかんだいって、3人でいると楽しかったんですよね。もちろんツラいこととか毎日のようにあったし、悔しくて何回もひとりで泣いたり、腹立たしく感じることもたくさんあったハズなんですけど、なぜか綺麗に忘れているんですよ。きっとそれを全部楽しかったことで埋めちゃったのかもしれないですね。
【大西】 苦手なことや不得意なこととか、それぞれにあると思うんですが、私がダメなことは2人がカバーしてくれるし、助けてくれる。だから、2人といると安心していられることが多かったですね。撮影はすごく過酷で大変でしたけど。

――『スケバン刑事III』はアクションも激しかったうえに、スケジュールも相当ハードだったと思うのですが。
【中村】 私たちだけでなく、マネージャーさんやスタッフさんを含めて、みんなでファミリーって感じでしたね。しかも、礼儀作法とかを教えていただいたり、みなさん基本優しいのですが、そのなかにちゃんと厳しさもあって。

――『スケバン刑事III』は、みなさんをスターダムに押し上げたのみならず、人間形成の場でもあったと。
【浅香】 そこで大人が私たちのことをただチヤホヤするだけだったとしたら、多分思いきり勘違いしていたでしょうね。

◆この3人で、公私ともにずっと一緒にいられたら

――ぜひ30周年のみならず、40周年、50周年と続けていっていただきたいのですが。
【浅香】 この先があればいいなという希望を抱きつつも、気持ち的には「最初で最後」のつもりで、今回のライブに取り組ませていただいたんです。
【大西】 私たち3人はずっと仲がいいので、継続的に何かできたらいいなという思いはありますが、物理的な問題もありますし、何より体力が(笑)。
【中村】 そうだね。40周年のときは、私たち50歳過ぎだよ。

――でも、ずっとキラキラしているイメージしかないですけど。
【大西】 さすがにアクションは無理だろうけど、スクリーンで共演してみたいなって思いもあったり。

――それぞれの今後の目標や展望はありますか?
【中村】 私はロスに移り住んでから、子育てしかしていないんで、仕事に関しての展望は、今は特にないです。正直、久々のお仕事で、感覚がすぐに取り戻せるのか不安もあったのですが、この2人と一緒だったからできただけで、ひとりだったら、きっと無理だったんだろうなって。
【浅香】 昔から未来像とか、まったくない人なんですよ。実は昨年ミュージカルに初挑戦させていただいたんですが、やるまでは、一生絶対やらないって思っていたし、これが最初で最後ですって公言していたんです。でも、実際にやらせていただいたら、こんな素晴らしい世界があるんだって、いろんな意味で覆されたんです。まだまだ私が知らない世界がたくさんあるんだって気付いたので、具体的な計画は何もないですけど、自分に対しての限界は作らなくてもいいのかなって。

――では、最後に大西さんの展望を。
【大西】 私も、あんまり考えず、いただいたお仕事に取り組んできたのですが、そのなかでも歌うことがすごく好きなので、何年経っても、絶対マイクは置かない、それだけは唯一決めています。そして、何よりこの3人で、公私ともにずっと一緒にいられたらと思います。

(文:星野彩乃)




関連写真

  • 風間三姉妹(左から)中村由真、浅香唯、大西結花(撮り下ろし写真:鈴木かずなり)
  • 浅香唯(撮り下ろし写真:鈴木かずなり)
  • 大西結花(撮り下ろし写真:鈴木かずなり)
  • 中村由真(撮り下ろし写真:鈴木かずなり)

オリコントピックス