• ホーム
  • 映画
  • 西島秀俊、竹内結子と夫婦役 『クリーピー』実写映画化

西島秀俊、竹内結子と夫婦役 『クリーピー』実写映画化

 俳優の西島秀俊が、前川裕氏の同名小説を実写映画化する『クリーピー』(2016年初夏公開)で主演を務めることが28日、わかった。元刑事で今は犯罪心理学者の主人公を西島が演じ、『ストロベリーナイト』シリーズで共演経験のある竹内結子が妻役、『MOZU』などで共演した香川照之が謎めいた隣家の住人役で出演。最新作『岸辺の旅』が『第68回カンヌ国際映画祭』「ある視点」部門監督賞を受賞した名匠・黒沢清氏がメガホンをとる。

 同作は、『第15回日本ミステリー文学大賞』新人賞受賞作を映画化し、ある夫婦の日常が“奇妙な隣人”への疑惑と不安から深い闇へと引きずり込まれていく恐怖を描いたサスペンス・スリラー。タイトルの“クリーピー”とは「(恐怖のために)ぞっと身の毛がよだつような:気味が悪い」という意味を持ち、映画では、原作とは異なるオリジナルの衝撃的な展開を紡ぎ出す。

 西島は「身近で起きていてもおかしくない、そんな恐怖を描いたリアルで重厚な素晴らしい脚本です。監督、スタッフ、キャストの皆さんと、誰も見たことのないような恐怖を創り出したいと思っています」と意気込み。黒沢作品へは4度目の出演となり、「ご一緒するのは約10年ぶりです。緊張しますが、撮影現場がとても楽しみです」と信頼を寄せている。

 謎に挑む犯罪心理学者・高倉役を西島、その妻で謎に巻き込まれる康子役を竹内、謎めいた隣家の主人・西野役で出演する香川のほか、謎の鍵を握る事件生存者・早紀役で川口春奈、謎を追う刑事・野上役で東出昌大が出演。竹内は「西島さん、香川さんとまたご一緒できるうれしさもありますが、黒沢組初参加ということで緊張もありつつ、どんな世界なのか、撮影初日を迎える日が待ち遠しいです」とコメントしている。



関連写真

  • 映画『クリーピー』に出演する(左上から時計回り)竹内結子、西島秀俊、香川照之、川口春奈、東出昌大 (C)2016「クリーピー」製作委員会
  • 『クリーピー』原作書影

オリコントピックス