• ホーム
  • 音楽
  • レベッカ復活 20年ぶりライブ NOKKO万感「生きててよかった」

レベッカ復活 20年ぶりライブ NOKKO万感「生きててよかった」

 1980年代に一世を風靡したロックバンド・REBECCA(レベッカ)が28日、東京・豊洲PITで『REBECCA Preview Live』行い、20年ぶりのライブで復活を遂げた。8月12・13日に横浜アリーナで再結成ライブを行うレベッカは、“プレライブ”として、約45分、全6曲を披露。ボーカルのNOKKOは満員の観客3000人の大歓声を浴び、「生きててよかった。皆さん生きててよかったですね」と感激した。

【写真】その他の写真を見る


 レベッカは15年前の2000年に再結成しているが、ライブを行うのは、1995年5月に横浜アリーナで開催された阪神・淡路大震災チャリティー公演2days以来、実に20年ぶり。待ち焦がれたファンの割れんばかりの手拍子が沸き起こるなか、午後7時8分、土橋安騎夫(Key)、高橋教之(B)、小田原豊(Dr)、おなじみのサポートメンバー・是永巧一(G)、中島オバヲ(Per)も登場。ヒット曲「LONELY BUTTERFLY」(86年10月発売)のイントロに続いて合流したNOKKO(Vo)が歌い始めると、歓呼の声が轟いた。

 往年の圧倒的なボーカル力は健在。続けて、名盤『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』(85年11月発売)収録曲「Cotton Time」を披露したNOKKOは、最初こそ「(久しぶりに)恋人に会ったみたいで恥ずかしかった」と照れたものの、徐々に自由に体を揺らしながら手を振ったり投げキスを振りまき、ファンの声援に応えた。

 感慨深げに会場を見渡したNOKKOは「ありがとう、どうもありがとう。こんばんは、レベッカです」と右手をあげてあいさつ。「こんなにいると思わなかったよ。皆さん来てくれてありがとう。お〜、すごいな。びっくりしちゃって…」と大歓声に目を丸くした。

 この日はほかに、人気曲「真夏の雨」「MONOTONE BOY」「RASPBERRY DREAM」を演奏し、熱烈なアンコールに応えて代表曲「フレンズ」で締めくくり。6人はハグを交わして喜びをかみしめ、手をつないで深々と一礼した。メンバーがステージを去っても、手拍子はいつまでも鳴り止まず、15日後に迫った“本番”に向けて期待を抱かせる公演となった。

 レベッカは8月2日に『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015』に出演し、同12・13日の両日、横浜アリーナで再結成ライブ『Yesterday,Today,Maybe Tomorrow』を開催。チケット完売を受け、11月29日にさいたまスーパーアリーナで追加公演が行われる。

■『REBECCA Preview Live』セットリスト
1. LONELY BUTTERFLY
2. Cotton Time
MC
3. 真夏の雨
4. MONOTONE BOY
5. RASPBERRY DREAM
【アンコール】
6. フレンズ



関連写真

  • レベッカ20年ぶりライブで熱唱するボーカルのNOKKO(28日=東京・豊洲PIT)(C)Hajime Kamiiisaka
  • アンコールでは名曲「フレンズ」を披露
  • 鳴り止まない拍手に包まれたREBECCA
  • ハグを交わすNOKKOと小田原豊
  • 20年ぶりのライブで復活を遂げたREBECCA(28日=東京・豊洲PIT)(C)Hajime Kamiiisaka
  • 『REBECCA Preview Live』で熱唱するREBECCAのNOKKO(28日=東京・豊洲PIT)(C)Hajime Kamiiisaka
  • 『REBECCA Preview Live』で演奏するREBECCAの土橋安騎夫(28日=東京・豊洲PIT)(C)Hajime Kamiiisaka
  • 『REBECCA Preview Live』で演奏するREBECCAの土橋安騎夫(28日=東京・豊洲PIT)(C)Hajime Kamiiisaka
  • 『REBECCA Preview Live』で演奏するREBECCAの高橋教之(28日=東京・豊洲PIT)(C)Hajime Kamiiisaka
  • 『REBECCA Preview Live』で演奏するREBECCAの小田原豊(28日=東京・豊洲PIT)(C)Hajime Kamiiisaka
  • 20年ぶりのライブで復活を遂げたREBECCA(28日=東京・豊洲PIT)(C)Hajime Kamiiisaka

オリコントピックス